お彼岸。先祖に想いを馳せる。

すべてのブログ

お彼岸に入り、お墓参りをする方も多いと思います。
お墓参りに出かけられない方も問題はありません。
祈りは物理的制約を受けませんから、純粋に傾ける想いがあればどこで祈りを捧げても何かが変わる訳ではありません。

先祖に想いを馳せる時、思い起こすのは生前にしてくれた事への感謝でしょう。
こんな記事を見つけました。
とても気持ちの分かる内容でした。


(とある記事より。)

大正生まれの祖父は、妻である祖母が認知症になってもたった一人で介護をし、祖母が亡くなって暫くは一人で暮らしていた。
私が12歳の時に、祖父は我が家で同居することになった。
でもその時、祖父もまた認知症になっていた。
私が成長して行くのと反比例するかのように、祖父は一人で出来ないことが増えて行った。
母は仕事を辞め、祖父の介護に専念した。
両親が私に構ってくれる時間が減って、私は祖父を憎むようになった。
旅行も行けない。
トイレも汚れる。
私の名前すら分からない人と暮らしている現実が嫌で、『おじいちゃんさえいなければ』と思うこともあった。
そのうち祖父のことを『あの人』と呼ぶようになった。
なので大学は県外の学校を選び、一人暮らしを始めた。

「おじいちゃんが危ないかもしれない」
母親から連絡が来て急いで実家に帰ると、ほっそりとした祖父が寝ていた。
もう徘徊したり暴れたりする様子はなく、とても穏やかに寝ていた。
とにかく涙が止まらなかった。
『死なないで欲しい』と心から思った。

その数日後、祖父は息を引き取った。
私はちゃんと知っている。
私が3歳の頃、母が病気で入院した。
母の両親は既に他界しており、私の預け先に困っていた。
すると祖父は、「例え5分でも○○(私)を一人にしてはいけない。何かあってはいけないから、うちに預けなさい」と、高齢に加え、認知症の祖母の介護をしていたのにも関わらず、毎日子守りを引き受けてくれたこと。

私が祖父の家へ遊びに行くと言えば、布団をポカポカに干し、流行りのお菓子を買い、可愛いポチ袋にお小遣いを入れて待っていてくれてたこと。
そして、祖父が私のために口座を作っていてくれたことも。
まだ認知症がまだらだった時に、私が「将来は海外で仕事をしたい」と言っていたのを聞いて、母にお金を残すよう伝えていたらしい。
私のために沢山のことをしてもらっていたのに、何故あの時、祖父を嫌ってしまったのか。
今でも本当に後悔している。
伝えられるのであればお礼を言いたい。
そして色々な話をしたい。

今年、海外赴任が決まった。
祖父が残してくれたお金で大学院まで行かせてもらったおかげだ。
おじいちゃん、本当にありがとう。
天国に逝ったらしっかりとお礼するね。
大好きです。

関連記事一覧