こういう事、多いと思うのでご注意を!

すべてのブログ

つい先日の事ですが、
私の会社に地元の新聞社から協賛の依頼が来ました。
内容を見ると「フードバンク」への協賛でしたので、私は寄付金を出そうと思い資料を詳しく見てみました。

すると、
何か違和感が。

何度読み返しても何かしっくり来ないんですね。
ちょっと気持ちが引っかかったので、社員に新聞社へ電話してもらいました。
単純な質問です。

「協賛金を出したいと思いますが、弊社の寄付金はどういう形でフードバンクに活かされますか?」

返答は、
「すいません、今回は直接フードバンクへの支援にはなりません。」と。
え?じゃあ何の為のお金を集めているのか?

「フードバンクを応援しています。」という意思があります
という企業名の広告を出す為に、新聞社が広告費を取って新聞に掲載する。
こういう事です。
結局、フードバンクの名前を使った、ただの企業広告でしょ。
新聞広告の新たな手法か。

地元でも有名な企業が20社ほど協賛していましたが、
それら企業はそこまで調べもせず、何となく協賛しただけなのか、
それを知った上で企業イメージを上げる為に広告したのか、
どちらにしても気持ちがスッキリしません。

もちろん私は断りましたが、社会貢献を謳ったビジネスが横行している社会をあらためて知りました。

私も一つNPO法人を10年運営しています。
親のいない、親と暮らせない0歳~18歳までの子供を支援する活動です。
この事を機に、改めて自分がやっている活動のやり方が貴重なのだと感じました。

これまで私が活動しているボランティア活動の情報は出していなかったと思いますが、会員の皆様には情報をお届けしたいと思います。
参加を促しているものではありません。
もちろん、興味があれば参加していただく事は良い事だと思いますが、
情報発信の目的は、
色々と意見を言っている私が実際にどういう行動をしているのかを知ってもらう為です。
素晴らしい事を言う人は大勢いますが、言っている事とやっている事。その検証はとても重要です。
社会には嘘が当たり前のように溢れていますので。

関連記事一覧