三浦春馬さんの自殺から考える

すべてのブログ

日本の自殺の現状について考えてもらいたい。
自殺した人に対する感情論ではなく、死について真剣に学ばなければなりません。

まず最初に自殺の問題を指摘しておくと、現実逃避の末行った自殺では何一つ問題が解決されないどころか余計に問題を大きくしてしまいます。
その結果、目を覚ました世界、つまり霊界ではより複雑に問題が膨らんだ現実を受け止めなければならなくなります。
自殺の後にも、その人が生きて来た人生と何一つ変わらない現実が待ち構えているのです。
生きて問題を乗り越える方が遥かに楽だという事を知るべきです。
死によって変わるのは肉体を使って生きるのか、幽体を使って生きるのか、それだけしかないのです。
あなたはあなたのまま目を覚まします。

日本の15歳から39歳の死因の第1位が自殺です。
事故死よりも自殺が多い国は日本だけです。

これは霊的知識があまりにも乏しい国民だという裏付けです。

そして、自殺の原因を調べて見ると次の通りです。
学生と大人では自殺の原因も異なります。

学生の自殺の原因
1位 いじめ
2位 ネットいじめ
3位 ひきこもり(他者からの孤立)
4位 経済的な問題
5位 受験での失敗
6位 就活の失敗という結果

大人の自殺の原因
1位 病気などの健康問題(精神疾患が最多)
2位 貧困や事業不振、倒産、リストラなどによる経済状況の悪化
3位 家庭問題
4位 職場の人間関係

ここに入っていない原因のもう一つを挙げます。

憑依です。
順位は特定出来ませんが、必ず上位に入っています。

この機会に、私は上記の原因一つ一つに対して問題の乗り越え方、考え方を助言したいと思います。
内容が多くなるので、これは後日オンライン講話で配信します。

霊的存在である私たちだからこそ、霊的に正しい生き方、霊的に正しい考え方をする事でしか解決出来ない問題です。
原因を一瞬に消してくれる霊能者も占い師も宗教も科学も特効薬もありません。
あなたが変わるしか方法はありません。

私が霊的真理を発信しているのは、日本の自殺者を減らしたいという想いもあるからです。
それにはまず正しい知識を身に付けてもらう事から始めなければなりません。
霊的真理を学ぶ皆さんにも是非正しい知識の拡散に協力してもらいたいと思います。

関連記事一覧