出陣前日の特攻隊員が母にあてた最後の手紙

すべてのブログ

ふと、目に留まった第二次世界大戦での特攻隊員の手紙。
送り先は、やはり母親へ。
明日、死んでいくと分かっていながら過ごす一晩は、いったいどんな気持ちだったのでしょう。
運命に身を任せ、権力の前にどうする事も出来ない若者は何を想うのか。


 

お母さん、とうとう悲しい便りを出さねばならない時が来ました。

晴れて特攻隊員に選ばれ出陣するのは嬉しいですが、
お母さんのことを思うと泣けて来ます。

母チャン、母チャンが
私を頼みに必死で育ててくれたことを思うと、
何も喜ばせることが出来ずに、
安心させることも出来ずに、
死んでゆくのが辛いです。

母チャンが私にこうせよと言われたことに反対して、
とうとうここまで来てしまいました。

私として希望通りで嬉しいと思いたいのですが、
母チャンの言われるようにした方が良かったかなあと思います。

でも私は技倆抜群として選ばれたのですから喜んでください。

私ぐらいの飛行時間で第一線に出るなんて、
本当は出来ないのです。

ともすれば、
母チャンの傍に帰りたいという考えに誘われるのですけれど、
これはいけないことなのです。

洗礼を受けた時、アメリカの弾に当たって死ぬより前に、
汝を救うものの御手によりて殺すのだと言われましたが、
これを私は思い出しております。

全てが神様の御手にあるのです。

神様の下にある私たちには、この世の生死は問題になりませんね。

私はこの頃、毎日聖書を読んでいます。

お母さんの近くにいる気持ちがするからです。

私は聖書と賛美歌を飛行機に積んで突っ込みます。

お母さんに祈って突っ込みます。

出撃前日

関連記事一覧