• HOME
  • 導信について

導信について

導信の活動が始まるまで

生い立ち

私は1975年に東北で生まれました。ごく普通のサラリーマン家庭です。
祖父母は真面目な仏教徒でしたので、毎日お勤めをする姿は物心ついた時から見ていましたが、私自身それほど興味を持つことはありませんでした。

勉強が嫌いで早く社会に出たいと思っていた私は、高校を卒業しすぐに就職します。
様々な仕事をやってみましたが、何をやってもしっくり来るものに出逢えず、思い切って日本から離れてみようと思い立ち20歳の時に渡米。
この海外での経験が価値感を大きく変えてくれました。
帰国後、23歳から個人事業をスタートし、現在いくつかの会社を経営するようになりました。

スピリチュアル活動のはじまり

仕事、家庭ともに順調に暮らしていましたが、30歳を過ぎた頃から毎日の生活に物足りなさを感じるようになっていきます。
毎日は幸せなのですが、自分の人生の中でもっとやらなければならない何かがあるのではないかという「何か」がずっと頭から離れないまま2年が過ぎました。
ちょうどその頃、プライベートで知人の相談にのったりしていました。もともと霊的感覚と知識が少しあったので自分なりに分かる事を霊的視点でアドバイスしてましたが、これが自分の想像以上に人を助けてあげられる事を知ったのです。
もっと的確なアドバイスをしてあげたいと思う様になり、自己流だった霊的知識をもっと深めたいと独自に勉強を始めました。今考えると、この頃から守護霊たちが私に準備をさせていた事が分かります。

サラリーマンではないので毎日出勤する必要もなく、かといって夢中になる趣味もなく、時間があったので私は自分の所有するアパートの1室を使い1ヶ月に1週間だけオープンする駆け込み寺ならぬ、人生相談ルームをつくりました。無料のスピリチュアル相談です。
これがあっという間に口コミで広がり、多い時は1日十数人、何ヶ月先まで予約が入るようになりました。
この時に私は色々な事を感じます。

  • 人生の苦難が多い人は、そうなってしまう考え方の共通のクセがある
  • 多くの人が、霊的知識がなさ過ぎる(または誤った想像をしている)
  • 霊的視点から見た人生感を持たなければ本当の意味で幸せにはなれない
  • 自分の霊的知識が多くの人の役に立つことが分かった
  • 人に希望を与えることが自分の天命だと思えた(人生の喜びを感じる)

などです。
そして、本格的にライフワークとしてこの活動を始めることになります。
ただし、それまでの経験で個人相談に乗るだけでは問題の根本的な解決にはならないということを感じていました。
目先の問題を解決してあげるだけでは私に依存するようになってしまいます。そこで、私は個人相談会をやめ、講話会を開催し、答えだけではなく霊的視点から見た人生のあらゆる問題の原因の見つけ方解決方法を教えるようにしました。あわせて人生の目的や霊的法則を説くようにしました。

自分の人生で起こる苦難は、必ず自分自身で解決できる。
大切なのは、その方法を知ること。

講話会を10年以上続けて来たなかで、会場まで来られない(家からも出られない)人や、遠方に暮らす人にも講話会を聞かせたい、聞きたいという声を多くいただいていました。
日本の霊的エナジーが大きく変化する令和時代の幕開けを期に、この導信サイトが開設され今日に至っております。

霊的エナジーが高まる時代に

組織から個人にそそがれる霊的エナジー

過去の時代、地球人類の霊格向上を目指すプロジェクトにおいて、善霊界からの働きかけは権力(影響力)を持つ人間や組織(宗教)に対して行われてきました。

その影響力を使い個人個人の霊格を向上させようとしたのです。ところが、ある時代を境に権力持った人間がその影響力を私利私欲の為に使うようになっていきます。

魂の向上を導かなければならない宗教や霊的指導者が逆に魂の向上を阻害する元凶になり、魂(精神)の豊かさよりも物資的な豊かさを重視する物欲に陥ってしまいました。

地球の霊的エネルギーが低下した事で悪霊界の低級霊が雪崩を打って地球人類に誕生してしまいます。これにより「目には目を歯には歯を」「やられる前にやる」という思想がはびこり世界戦争に発展していきました。

しかし善霊たちが地球から姿を消した訳ではありません。水面下での働きかけは連綿と続き、その時を待っていました。

破壊という悪の行為には必ず創造という光があたります。破壊の悲劇と哀しみを受け、人々の心には強い希望の光が差し込みます。

世界ではまだテロや紛争が絶えませんが、日本では戦争のない時代として平成が幕を下ろしました。そしてこの令和時代は善霊界からの霊的エネジーがこれまでにないほど日本にそそがれます。

さらにこのエナジーは、これからの時代は名も無き個人に惜しみなく降りそそがれます。善霊界のエナジーと周波数を合わせる事で宇宙最大のエナジーを享受する事が出来ます。

ある者にとってはとても生きにくい時代となり、ある者には大きく魂が飛躍できる時代となる事でしょう。

しかし、その人生での経験はどれもが霊界での生活を変える為の貴重な準備だという事を忘れずに、この人生を有意義に終え、胸を張って霊界に帰っていただきたいと思っております。

人生は死後の生活の為の準備です。