感染病ウイルスや病原菌が広がる本当の理由。

すべてのブログ

コロナがパンデミックになりつつある段階でブログでもお伝えしましたが、改めてこの事を知ってもらいたいと思います。

感染病ウイルスや病原菌が広がる本当の理由。

ウイルスや菌も霊的存在です。
人間の世界同様、霊の世界も善と悪が存在し対立し合っています。
動物や人間に感染症を引き起こすウイルスや病原菌は善霊の属性ではありません。悪の属性です。
しかし、霊界全体から見れば取るに足らない勢力ですので特別恐れる存在でもないのです。

彼らが現在の様に高等な霊に対して騒動を起こせるのは、彼らの力が強いからではありません。
彼らの活動を助長出来る環境が整っているからです。
その環境とは、人間の悪感情が作り出した地球上に蔓延した低くて荒い波動・エネルギーが原因です。
悪感情とは、恐怖心、不安、怒り、貪欲、排他的、暴力的、残忍性などです。
特に今回は、動物に対する残忍性が爆発した結果起こったパンデミックです。これについてはコロナの初期段階で配信したオンライン講話で詳しく説明しています。

人間が残忍性を捨て、寛容と調和の道を歩み出せば、すぐに彼らは消滅します。生き場所を失うからです。
地球の片隅でひっそりと息を潜め細々と生きる宿命となります。
私はコロナには感染しにくいと思っています。「しない」ではなく「しにくい」と言うのは。
それは何故かと言うと、私の中にもまだ怒りがあるからです。それがあるうちは私の中にも彼らが生存出来る場所があるという事です。
私の中の悪感情が完全に消え失せた時には、マザーテレサのように病原菌のど真ん中で生活していても感染する事はなくなるでしょう。

これが感染病ウイルスや病原菌が広がる本当の理由。です。
しかし、今すぐに人類が向上するとはいきません。
彼らが生きる環境は人間の中に残っていながらも、せめて生きにくい環境をつくる努力は必要です。
それが肉体のケアです。対処的ですがやらないよりはやった方がいいです。
私は出来るだけ自然のものでやる事を勧めます。
医薬品は開発段階で大量の動物を実験に使い殺しているからです。
結局は、この行為もまた彼らを助長する悪循環になっています。

関連記事一覧