日本ウイグル協会のオンライン会議に参加しました。

すべてのブログ

昨夜、日本ウイグル協会のオンライン会議に参加しました。
改めて、この地球で起こっている非人道的なジェノサイド(大量虐殺)を知り、これは見て見ぬふりは出来ないなと思いました。
今私に出来る事は、協会の活動を陰から応援する事、そしてこの事実を一人でも多くの人に拡散する事ぐらいしか出来ませんが、それでも何かしないといけないという衝動が湧きあがって来ます。

日本政府が中国の経済とジェノサイドを天秤にかけ、結果ジェノサイドとは認めないと表明した以上、日本政府がウイグルの人たちを率先して助ける事はないでしょう。これは日本の国家のカルマになります。
でも、だからと言って私たち日本人も一緒になって何もしないという事は、それは個人のカルマです。

行為によるカルマはみんな気にしますが、
何もしないカルマも同時にある事を知っておかなければなりません。

日本のすぐ目の前で、日本が世界で最も深く関わっている中国の話です。
私たちは間接的な当事者と言えます。
現在、強制収容所に収監されている人数は、
最も低い推定をしている国連でも100万人が強制収容所に拉致されていると発表されています。
アメリカ国防総省は300万人近く、台湾政府は450万人という調査結果を発表しています。

命がけで内部の情報を証言する人たちのお陰で徐々に強制収容所の実態が明らかになってきました。
今回のオンライン会議では、それらの情報も聞く事が出来ましたが、あまりに酷すぎてここではお話し出来ません…

この様な事実から目を伏せれば、その分自分は辛い思いを抱かなくて済みます。
自分の事だけを考えれば、その方が人生楽しいに決まっています。
陰気な事は何も考えず、豊かな日本で平和にのんびりと暮らしていけます。

でも本当にそれでいいのでしょうか。

いずれ、同じ霊界に帰る同志です。

霊的真理を知る人はすでに答えは分かっています。
自分がやれる範囲でいいのです。些細な事でも構いません、でも出来る事は必ずあります。

すでに私はサポート会員なので個人的に寄付などは行っていますが、このブログを読んで「何か支援したい、でも協会と接点がない」という人の為に今月いっぱいを期限に募金を集いウイグル協会の活動に寄付したいと思います。

私たちに人種も国籍も関係ありません。
私たちは、みんな人間です。

今、同じ人間が、絶命するほどの虐待を毎日受けています。
もうすでに4年間も。


ウイグル人の救出に向け活動する「日本ウイグル協会」への寄付を集います
期間:2月28日まで
※導信公式サイトのトップページから寄付が出来ます


・集まった募金は全額「日本ウイグル協会」へ寄付します。振込手数料等は導信が負担します。
・税金控除対象の寄付ではありません。領収書の発行は出来ませんので予めご了承下さい。
・集まった合計金額と寄付した際の領収書は後日導信公式サイトのお知らせにて公表します。

皆の気持ちを集めて彼らに届けてあげましょう。
また、募金だけではなく、多くの方にこの事実を伝えていきましょう。

今回のブログで伝え切れない部分も多々あるので、すぐに導信VOICEで取り上げたいと思います。

 

日本ウイグル協会の公式サイトはこちら
https://uyghur-j.org/japan/

関連記事一覧