神棚の榊について

すべてのブログ

Q&Aリクエストにお答えします。


同じ日に奉った榊が、どちらかいっぽうが極端に枯れてしまうことがあります。すぐに取り替えるようにはしていますが、ふしぎだったので、何か意味があるのであれば教えていただきたかったです。宜しくお願いいたします。


という質問です。
こういうことはよくありますね。
今回のアイキャッチの写真は、我が家の神棚ですが、向かって右側の榊が小さいですね。
もちろん左右同じ時期の榊ですが、やはり成長する速さ、枯れる速さは異なることがあります。
左右がどうの…という意見もありますが、あまり深く考える必要はありません。神様のエネルギー、厳密に言えば神様にお仕えする自然霊のエネルギーが出入りしている証拠です。
違う言い方をすれば、祈りのエネルギーが神棚を通じて発揮されている証拠です。
植物は単純に周囲のエネルギーに感応するので素直にその変化が表れます。

成長が促進されているとき、生き生きとしているとき、それはその家全体のエネルギーが良い証拠です。
枯れるのがは早い場合、それはエネルギーが悪い証拠です。
相談者が言うように、枯れた時はすぐに新しいものと取り換えて下さい。
植物がまた浄化の力を貸してくれます。

枯れる植物が極端に続く場合、家族の誰かが悩んでいないか気を配って見て下さい。
何か原因があるはずです。
そのような場合にも植物が感応する時があります。

関連記事一覧