鏡の法則【ジャニーズ事務所と吉本興業】

世間のニュース

鏡の法則は、個人、企業、国、あらゆるシチュエーションで発動する法則です。

世間を騒がすニュースには、至る所に鏡の法則が見て取れます。

今後、吉本興業が直面する壁に対して、すでに神様は警告を発しています。

その警告はジャニーズ事務所の存在を使って出されました。

何か分かりますか?

鏡として見せる訳ですので、同じ立場、または同じレベルの対象を使わないと他人事としか考えません。その為に同時期に大きなニュースとして取り上げられた同業者であるジャニーズ事務所を使われたのです。

さて、その警告とは何か。

「独占禁止法の注意」です。

そのような事実はなかったものの、スマップの元メンバーに対するメディアへの圧力が疑われ注意を受けましたね。

ジャニーズ事務所社長を慕う芸能人が多くコメントを寄せる中で、水を差すような突発的なニュースでした。

実はあれ、吉本興業に対する注意勧告でもあるのです。

現在、数人の芸人が退社を宣告していますが、今後の会社側の対応では更に増えると思われます。

その後の吉本興業に対する注意勧告が「独禁法」に抵触するような圧力を退社した芸人にかけるなというメッセージです。

吉本興業の上層部が、ジャニーズ事務所が受けた独禁法への注意を我が身の問題として真摯に受け止めていればこの問題は回避するでしょう。

もし、対岸の火事と受け止めていれば、さらに吉本興業はひどい火傷を負う事になるでしょう。

鏡の法則の発動する絶妙なタイミングは、まさに神業です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。