過ぎたるは及ばざるがごとし

どういう生き方がいいのか。

それは『極端じゃなければよい』
正義も極端になれば窮屈になる。
それでは円滑な人間関係は築けない。
悪はそもそもない方がいいに決まっている。
しかし、悪を憎しみ過ぎても良くない。
悪は未熟が成せる技だと思えば許しの慈悲も生まれてくる。
真面目も、能天気も、何事もほどほどがちょうどいい。
極端は、人間の未熟さからやってくる。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。