雷見てたら、思うところがいろいろ出て来た。今日のブログ長っ( 一一)って思う。

スピリチュアル

雷の音があまりに大きくて目が覚めました。
夜空に瞬く雷がとてもきれいでしばらく眺めていました。
目が眩むほどの稲妻は夜空を駆け巡る大霊の火花です。
美しくも、恐ろしくもあり、人間の力では到底及ばない自然の力を感じます。

昨日アップした動画は3本立てですので少し長いですが、これはぜひ最後までご覧になって下さい。

情報がすべてです。

正しい情報を得る事が難しい時代において、まだこういう生の情報を得られる時に見ておきましょう。
いずれこういう情報も見れない時が来ると思っておかなければなりません。
世界がどう動いているのか、知れる時に知っておく。
そしてそれを元に考える訓練をしておく。

その時間はけっして長くないと思っておいて下さい。

最後に自分を守れるのは自分だけです。
それは物理的な生命ではなく、魂を守る為に、力をつけておかなければなりません。

一つの目標として、

2025年までに力をつけておきましょう。
人は目標がないと具体的に動けないものです。
その為の一つの指針として2025年を皆さんにご提示します。

2025年です。

やらなければならない事は、

正しい霊的知識を身に付ける事です。
それを単なる知識ではなく、あなたの力になるところまで学びを深める事です。それにはもちろん実践が伴わなければなりません。
その実践は現実社会の中で試されることばかりです。
この物質依存社会で、どれだけ霊的に豊かな生活を送れるのか、それが人生の挑戦です。そしてそれが死後のあなたの生活を決定づけます。

そして、
これから起こる様々な社会情勢の変化に対応する為の物理的な準備です。
これまでにもお伝えしているように、時代は大きく変わります。
地球の覇権を争う最後の戦いはすでに大詰めを迎えています。100年続いて来たグローバリズム支配の完成がもうすぐ目の前にあります。
しかし私はこのまま何事もなく完成するとは思っていません。
その前に大きな世界混乱が起こると思っています。その根拠はこれまで何度もお話しして来た通りです。

人生は死後の生活の準備でしかありませんのでこの物質界がどうなってもあきらめはつくのですが、その間の混乱期にどう生きるか、どう生きたかによって死後の永遠の生活が決まる事を多くの人は真剣に考えるべきです。

だからどう時代が変わろうとそれはいい。
重要なのは、最後まで抗って生き抜けるかです。
たとえば、ワクチン。
たとえば、食の選び方。

物質的に生きやすい方を選ぶなら、
何も考えずに支配者側に出されたものを打ち、出されたものを食べて生きていけばいい。
それが何であれ、その利権がどうであれ、深く考えずにいた方が間違いなく楽です。

霊的に正しく生きるなら、
物質的には生きにくくなる覚悟が必要です。
霊的価値とは結果ではありません、過程です。動機です。

たとえば、安くて良いものが手に入るユ〇ク〇の使用する綿がウイグル人の強制労働が行われている強制収容所から出荷されている可能性が指摘されました。この疑念が解決していません。
物質的価値観で生きるなら、まだはっきりしていないのだから「買う」になるでしょう。だって、自分はその方が物質的に得するからです。
霊的価値観で生きるなら、はっきりしていないのだから「買えない」のです。
それによって生活が不便になっても、自分の行動が、その売り上げの一部がそのような事をやっている(かもしれない)会社の利益に貢献する事を考えたら、自分の得の為に加担者になる訳にはいきません。

他にも疑念の日本メーカーがありますが、確認したい方は『日本ウイグル協会』の公式サイトをご覧下さい。

私は以前ユ〇ク〇でよく買い物をしていましたがこれを知った以上、残念ですが行けなくなりました。
そして、し〇む〇に行こうと思いましたが、そこもアウト…でした。
安くて良いもの…たしかにそんな都合のいいものなどないのかもしれません。何か理由があるから安いのです。
今はジェノサイドや強制労働に反対を表明しているメーカーの服しか着ません。少し高いですが、その分、大事に着るようになりました。

そういえば、最近こんな事もありました。
今サロンを建設中ですが、お願いしている建設会社の指定はすべての設備がパ〇ソ〇ックでした。
あちゃ~、アウトですね…
すべて一式合わせて頼んだ方がもちろん安いし手間もかからないのですが、
そうです、私は物質的価値観で生きるのではなく、霊的価値観で正しい生き方をすると決めているのですべて変更せざるを得ません。
「今だけ・金だけ・自分だけ」人間と同じ類にはなりたくありません。
その分高くなるし、業者には面倒をかける事になってしまいますが、誰かの命、誰かの人権を犠牲にしてまで自分一人が得したいとは思いません。
その選択の一つ一つが死後の生活に影響を与えています。

霊的に正しく生きるなら、物質的には生きにくくなる覚悟が必要です。
というのは、まさにこういう事です。

こういう生き方は必ず少数派となりますので世間の感覚、世間の動きとは別になるしかありません。
という事は、自分で考え、自分で決断し、その責任も自分で負わなければならないという事です。
でも、そういう人と私は生きていきたい。
そういう人が少しでも心穏やかに、その生き方に誇りを持って、自信を持って生きていけるように、微力ながら全力で応援していきたいと思っています。

今日はなんだか、そういう覚悟を新たにしているところです。
気が付けば、もう夜が明けて来たなぁ。いつの間にか雨も上がってる(^^)

皆さん、ご先祖さんたちと良い週末を。

関連記事一覧