• HOME
  • 3.1 霊的真理を学ぶことの意義

3.1 霊的真理を学ぶことの意義

3.1 霊的真理を学ぶことの意義

物質的価値観が支配するこの地球で生きる上で、魂を汚さずに、霊格を向上させられる生き方を送る為の指針になります。
物理的なあらゆる幸福感は地球で生きる間にだけ通用する価値観です。それはいずれ人生の終わりと共にすべてを失います。

人生の最後、霊界に入る時には、霊的尺度でそれまで生きて来たすべての出来事を清算されます。
大統領でも一般人でも、有名人、金持ち、貧乏人、善人、悪人、すべての人が霊的にどれだけ成長出来たのかを振り返る事になります。どれだけ人生で地位を得たのか、金持ちになったのかは関係ありません。霊的に得るものがどれだけあったのかです。
そして、何も飾る事の出来ない、ごまかすことの出来ない「素の自分」に戻ります。
この時に、後悔しない為に講座を提供しているのです。

価値があるのは、これから皆さんが学んでいく霊的真理の実践によって得られた経験だけです。
それを一言で言うならば、愛です。
霊的に価値のある生き方をする事は、永遠の幸せを手にする事と同じです。
物欲が支配するこの地球で、いかに霊的に正しい生活を送れるか問われています。
細心の注意をはらい、意識をもって生きて行かなければ、あっという間に社会の物質的価値観に飲み込まれてしまいます。
自分を守る為に、死後に始まる本当の生活への準備をする為に、霊的真理を学ぶ事はお金では換算できない価値を持っているのです。

ここで改めて「霊的真理がある・ない人生」を振り返りましょう。
皆さんが、大切な人に霊的真理を教えてあげる時、まずはこの事を教えてあげる必要があります。

☆★☆さらに詳しい動画配信は有料会員ページにて配信中!☆★☆