Q&A『人形供養について』

すべてのブログ

 


いつも学ばせて頂いております。ありがとうございます。
人形供養についておたずねします。数十年前に人からいただいたこけしを手放す決心をしました。かなりの思い入れがあるものです。
今はコロナの影響で合同供養などは中止になっているようです。神社やお寺に依頼することも出来ると思いますがどこに頼んだらいいかわかりません。きちんと感謝の気持ちを込めて供養したいと思っています。
もし自分で出来る方法があれば教えて頂きたくよろしくお願い致します。


人形供養についてお答えします。
不安を持っている事は「人形にも魂が宿る」ということがあるからだと思います。
明らかに人形に何らかの霊現象が見られる場合などは供養後に処分した方がいいと思います。
人形を媒体にする霊の除霊が必要になる場合があるからです。
また、霊的な事だけではなく、持ち主の気持ちも整理出来ると思います。

今回の相談者の文面を見ているとそのような霊現象などはないと思うのでそれほど神経質にならなくていいと思います。
ある程度の規模の神社やお寺であれば、どこでも受け入れてくれると思います。
ご自身に縁がない場所でも構いません。
「処分したい人形があるので預かってもらえますか?」と問い合わせしてみて下さい。
供養代を決めているところもあれば、任意に任せているところもあります。合わせて聞いてみて下さい。
通常は年間を通して預かり、年に1~2度まとめて供養します。

ご自身の気持ちが整理出来ているようなのでご自身で処分しても構いませんが、こけしですと完全に焼却するまでに相当な時間がかかると思います。材質が固いので。
燃やすにも他の焚き付けが必要になるでしょう。
手間を考えれば、やはり預けるのが一番いいと思います。

関連記事一覧