Q&A『GW特別配信の確認』

Q&A

GWの特別配信、ありがとうございました。配信を聞き、正しく理解できているのか心配でしたので質問させて頂きます。
物質に依存しない生き方をしなければならないということですが、物質に依存しない幸せを意識するという生き方は、どうしても物質=お金になってしまうのですが、このような執着をなくし最低限の幸せ、最低限のお金で生きていける心を持ちましょうという解釈で大丈夫でしょうか?

それと、備えるとは、人生の自給率を高め、人間関係など、物質的に備えるようなことではなく、自分自信なにが起きても動じない、ぶれない人間性を作って行くことに備えましょう。というような解釈で大丈夫ですか?正しく理解したいので、宜しくお願い致します。


ご質問ありがとうございます。
このように配信された内容をしっかりと自分の理解に照らし合わせていく作業はとても素晴らしい学び方です。
今後も続けて下さい。

まず最初の質問ですが、物質に代表されるのはお金ですので、例えとしてここではお金で考えていいと思います。
ただし「最低限のお金で生きていける心を持ちましょう」とは言っておりません。
物質に依存しないとは、物資を最低限に抑えてそれで満足しましょう、という意味ではありません。
この世は物質社会です。物質的なものが人生を豊かにする事も多々あります。
物質=悪とする必要はありません。あくまで、それら物質に振り回されて生きてはいけないという意味です。
活用出来るものはどんどん活用して、魂の向上に貢献する経験を積んでいく事は素晴らしい事です。
「酒は飲んでも飲まれるな」という事ですね。

二つ目の質問です。
「自分自信なにが起きても動じない、ぶれない人間性を作って行く」というのはその通りです。
そのような心構えを持って生きる事が大事だという事です。
ただし、「物質的に備えるようなことではなく」と解釈していますが、先ほども申したようにこの世は物質社会です。物質的なものが備えになる事も多々あります。貯金や災害時の備蓄などがその代表です。
霊的に生きるとは、必ずしも物質を排除した生き方をするという事ではありません。自分の中の優先順位の問題です。

最後に「人生の自給率」について。オンライン講話では詳しく話したと思いますが、このブログだけ見ている方の為に捕捉します。
自給率に「人生の」と付けている理由は、食料や生活必需品だけではなく、幸せや心の平穏の自給率という意味もあるからです。
誰に与えられなくても、誰を頼らなくても、自分自身で生産する事が出来るようにしていきましょう、という意味です。

関連記事一覧