霊的真理の基本

霊的真理の基本

人は誰も特別な存在。
あなたの本当の生活は霊界にあります。

人生は霊界での生活を変える準備に過ぎません。
何度も繰り返す輪廻転生は自分自身の魂に経験を与え、あなたの本体である霊格を向上させる為の修行です。

ここでは霊的真理の中でも最も基本的な事を書いていきます。

ここがしっかり理解できれば、これからの法則や教訓がより理解しやすくなるでしょう。

霊的真理はとてもシンプルな法則ですので、その言葉上の意味はすぐに理解できると思います。しかし霊的真理は人生を豊かにする為の実践方法を説く真理です。それを実践できなければまだ本当の意味で理解している事にはなりません。

真理を様々な角度で説く為に、ここからは私導信の師である「よろず仙人」にも登場してもらいましょう。

人々の魂を救い輝かせる為に善霊界から使命を授かってきた高級霊のお一人です。時に厳しい助言をしてくれますが、それは人類への深い愛情と友愛から発するお言葉です。

霊魂のしくみ

あなたは霊魂という二つの側面を持った霊的存在です。

肉体があるから存在している肉体的存在ではありません。体がなくてもリアルな生活を霊界で送っています。体はあくまでも地球で暮らす為に必要なモビルスーツのようなものに過ぎません。

霊体と言うのは、常に霊界に存在するあなたの本体であり、最高霊である神霊の一部でもあります。死後あなたはこの霊体に戻り新しい生活を送ります。

魂とは輪廻転生を繰り返す中で使用するあなた(霊本体)の個性です。

霊体は叡智を備えた崇高な存在、魂は学び途中の未熟な存在です。つまり、あなたは神霊の一部である崇高な叡智を宿した一面と発展途中の未熟な一面を併せ持った存在です。

あなたは自分が嫌になる事があるか…
あるという人、、あなたはそれだけ成長してきた証拠じゃ。

霊から発する向上心が未熟な魂の言動に腹を立てているんじゃ。
霊格が高い人ほど、自分の魂が取る未熟な言動には強い違和感・怒りを覚えるもんじゃよ。分かるかな…

輪廻転生の目的

人生の目的は霊格を向上させる事です。霊格とは人格と同じ意味で、「霊魂のしくみ」でも説明した霊本体のレベルのこと。

人格は人間に対して使う言葉ですが、霊格はあなたの霊本体そのもののレベルです。なのでコチラが本当のあなた自身の器です。

具体的に霊格の向上とは、霊と魂のギャップを埋める為の人生修行です。

例えば、あなたは献身的な良き妻でありたいと願います。それは霊から発する献身愛です。しかし感情に流されて後悔の人生を歩んでしまいました。この人生であなたは霊と魂のギャップを埋める事が出来ず霊界に戻ります。

その課題は霊界で埋める事も出来ますが、次の人生、つまり来世の宿命として持ち越される事になります。リベンジです。

ただし、何度も同じ後悔を繰り返すほど人生を無駄に出来ません。同じシチュエーションでリベンジするかもしれませんが、もしあなたの向上心の決意が強ければ、あなたは前世よりもさらに良き妻にならざるを得ない状況を自分に課せるかもしれません。

あくまでも宿命(修行のシチュエーション)を決めるのは自分自身です。

その通り。宿命はあなたの決意次第じゃ。誰も強制は出来ぬ。
強制したところでそれは本当の学びにはならぬ事を神霊はご存じだからの。

苦難が多い悪人は自業自得というものだが、苦難が多い善人というのは、それだけ人生に挑戦しとる証拠で立派な魂の持ち主じゃ。
そういう魂をわしら善霊界の指導者らは決して放ってはおかん。

魂の修行

人生は魂に新しい経験を与える為の修行です。

経験とは感情を刺激する喜び、怒り、哀しみ、楽しさを味わう事です。いずれ私たちはすべての人を無条件に愛せる利他愛を手にするまで修行を続けます。

人を心から愛する為には相手を理解する必要があります。相手理解するには同じ経験をするのが一番の方法です。

人生に喜びだけではなく苦難が必要な理由は、慈悲と利他愛を深める為なのです。

地球はよく出来た魂のトレーニングセンターじゃ。その中でもあなたが不得意とするところを集中的にトレーニングしてくれるのが5つの環境じゃ。
それは自分自身との葛藤、家庭、職場、地域との関わり、人類を通して学ぶこと。この5つじゃ。

死後の生活

死後、私たちは使い慣れた体の感覚を忘れるまで少し時間が必要です。

完全に霊的感覚を取り戻すまでは現界(地球)と霊界の中間のような世界で守護霊やお世話係の善霊たちと共に過ごします。

また、肉体を使った欲(食欲・性欲・依存症)の達成感は人によって強い執着となり未成仏霊界から離れられない可能性があります。

未成仏霊界には肉体を失ってもまだ物質的な欲求を満たそうとする低級霊が多く集まっています。属に言う憑依霊はここの住人です。

人生の生き方が死後の生活にそのまま反映されるので、いかに人生の中で物的執着を持たずに生きる事が大切か分かります。

この現界で人生を歩みながら、死後の生活の準備をする気持ちが大切じゃ。
物的価値がものをいう現世であるからこそ霊的価値を高める修行になるのじゃ。

現世への執着が強いものはみな未成仏霊となり愛する者との再会も出来ぬまま長い時間を過ごすことになるぞ。

おすすめ記事

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP