• HOME
  • 霊的真理の基本

霊的真理の基本

人は誰も特別な存在。あなたの本当の生活は霊界にあります。人生は霊界での生活を変える準備に過ぎません。
何度も繰り返す輪廻転生は自分自身の魂に経験を与え、あなたの本体である霊格を向上させる為の修行です。

霊界のいろは

霊的真理の中でも最も基本的で大切なものを抜き出しています。ここがしっかり理解できれば、この後に続く法則や教訓がより理解しやすくなるでしょう。
ここでは簡単な説明しかしていませんが、より詳しく知りたい方はオンライン講話をご覧下さい。

霊魂のしくみ

あなたは霊魂という二つの側面を持った霊的存在です。つまり、あなたという霊魂が、肉体を使って人生を歩んでいます。
なぜ霊魂というのか、それは、霊界で暮らす時あなたは純粋な「霊」です。これが本来の存在(生活)です。
そして、肉体を使い人生を歩む時に肉体に入る(肉体を使う)のは霊の分霊である魂です。人生を歩んでいる最中もあなたの本体である霊は霊界にありますが、霊と魂は一体なので常に霊的なヘソの緒のようなもので繋がっています。いずれ人生を終えた魂は「霊本体」に戻ります。こうして見ると、人間(肉体)の死とは「霊本体の目覚め」です。
霊魂のしくみは、輪廻転生をする為のしくみとも言えます。
そして、霊本体は神霊と繋がっています(神霊の分霊です)ので高い霊性をもっていますが、魂はそれまでの輪廻転生で得た経験しかもっていません。つまりまだ未熟です。
その為に、あなたの心は常に善と悪、プラス感情とマイナス感情が交錯しています。人間共通の人生の目的は、霊と魂の霊格のギャップを埋める事です。

輪廻転生の目的

人生の目的は霊格を向上させる事。霊格とは霊本体の成長レベルの事です。
霊界では「霊格」の見合う者同士が暮らしています。いえ、霊格の違う者同士は共に暮らす事が出来ないと言った方が適切です。
霊格を向上させる為に、魂に刺激を与える環境は、霊界よりも地球の方が適しています。それはあらゆる霊格をもった霊達が集っているからです。その中で魂は喜怒哀楽という刺激と経験を積んで霊界に帰ります。この繰り返しが輪廻転生です。

魂の修行

人生は魂に新しい刺激を与える為の修行です。あなたの中に眠っている悪性を浄化し、神性を開化させる為に、自分自身(霊魂)、家族、仕事、地域、人類との関わりから学んでいく事を自分自らに課しているのです。(宿命)
修行と言っても苦しいだけが修行ではありません。喜びや感動も魂に刺激を与える大事な修行です。しかし、喜びだらけの人生では本当の喜びを得る事は出来ません。人生に苦難があってはじめて喜びを心から味わう事が出来るのです。また、喜びしか知らない人が、苦しむ人の心を理解し寄り添うことも難しいものです。人の心は経験に基づいて慈悲と利他愛を深めて行くからです。

死後の生活

死後、私たちは人生で獲得した経験をもって霊界に戻ります。肉体の死と共に霊魂が消滅する事はありません。
人生をスタートさせた時点の霊格、そして人生経験を得たあとの霊格に変化がなければ元来た階層へと戻ります。これは今世転生の成功とは言えません。成長(階層を変える事)を強く望み人生に挑んだ霊は、この時深く後悔します。
霊格が向上していれば、一つ向上した階層に入ります。これは霊にとっても守護霊たちにとっても最高の喜びです。
霊格が低下していれば、それに見合う低級霊たちが暮らす低層界に入ります。
常々言っている「人生は死後に始まる生活の準備でしかない」という理由がここにあります。
人生は一瞬、死後の生活は永遠です。どちらに重きを置いて人生を歩むのかが問われています。

導信からのメッセージ

自分は不幸だと思っている人へ

あなたに今一番必要な言葉は灯台元暮らしです。
今のあなたの人生には必ずあなたにしか歩めない素晴らしい道が開けています。あなたには今それが見えていません。
それはあなたの心が曇っているから。心の曇りを晴らす事が出来たなら必ず足元の幸せに気づく事でしょう。
闇雲に前に進んでも霞は取れません。ここら辺でじっくりと腰を据え、自分とは何か。生きるとは何か。心の眼を開く為に霊的真理を学んで下さい。

自分に自信が持てない人へ

自分の力では人生を切り拓く事など出来ないと思っているのでしょう。あなた一人ならそうかもしれません。しかし、あなたには智慧に長けた守護霊たちがいつも側に控えています。あなたさえその気になれば、守護霊達はいつでも力を貸してくれます。
その為に、まずは自分を信じる事です。自分を認めてあげる事です。そして、挑戦してみる事です。この時に守護霊との繋がりにスイッチが入ります。
失敗する事をおそれずに、出来る事から一つ一つ行動に移してみましょう。
私たちは皆、神霊そして守護霊の導きの中で生きている存在です。あなたもその一人です。

家族の問題で悩む人へ

家族は一つであると決め付ける必要はありません。同じ家族であっても輪廻転生の目的はそれぞれです。家族だからといって皆が同じレベルの霊格を持っている訳ではありません。何度も輪廻転生を共にしている霊もいれば、今世限りの出逢いの霊もいます。
カルマの精算に来ている霊、前世でやり残した課題にリベンジしている霊、悪意の強い未熟な霊、善意の強い霊格の高い霊、様々な霊が家族という集合体に属しているのです。問題を起こす者、それを支える者、その双方に学びがあります。家族が支え合う事は大切ですが、近い存在だからこそ一人一人が自律した関係である事も大切です。
家族という関係にこだわらず、それぞれが一人一人の人間関係であることを前提に向き合ってみましょう。

職場の問題で悩む人へ

仕事というのはそもそも生きる為にお金を稼ぐ場所です。楽しいことよりも使命によって動かなければならない事の方が多いものです。
仕事は社会に対する奉仕活動です。仕事を通じて社会に貢献しているという意識が大切です。個人の力で社会に貢献出来る事はごく限られていますが、仕事という集合体の中で働く事によって多くの人の役に立つ事が出来るのです。社会の役に立つという事は人生で徳を積む事でもあります。給料をもらいながら徳を積めるのですから感謝がまず最初に来なければいけません。
会社に務めるという事は、その会社に貢献する事で社会にも貢献していくという事を忘れてはいけません。自分の思い通りに仕事をしたいのであれば独立起業する事です。
もし、根本的にその仕事自体に意義を見出せないとすれば、限られた時間の人生ですので早く道を変えた方がいいでしょう。生きる道はいくらでもあります。ただし、好き嫌いだけの理由で転職を繰り返しても解決にはならないでしょう。それは乗り越えるべき、解決すべき目の前の課題から逃げているだけの行為だからです。

霊現象に悩む人へ

霊は自分の影響を及ぼせると判断した者へ憑依します。その判断は「思念」です。物理的な要素のない世界を支配するのは思念の力(影響)だけです。
憑依されるほど個人的な恨みをかってしまった場合は別として、霊に対してあなたが明確に強い意思を発揮すれば憑依霊の影響は弱まります。そしていずれ去ります。
まずは霊を感じても、見えても、それ以上その霊に感心を寄せない事です。感じても感じていない振り、見えても無視、その都度気分を変えてやり過ごしていれば、そのうち去ります。霊の影響を受けにくくする方法、または除霊・お祓いを自分で行うお薦めの方法はいくつかあるのでHPを参照して下さい。

生きる気力が湧かない人へ

あなたは誰の為に生きていますか?自分の事だけを考えて生きているといずれ人生の意義を見失います。また、人の目ばかりを気にして生きていてもまた人生の意義を見失います。
人生は、自分の為、そして人の為、双方の為に生きているのです。極端に偏ると人生のバランスを崩します。
まずは自分の為に人生を使って生きてみましょう。そして余力で人の為に出来る事をやってみましょう。その比率は自分の心の欲求に従えばいいのです。
人生の中の損得ばかりを考えていたら生きる意味を見出せません。「人生は死後に始まる生活の準備でしかない」という真理を深く学びましょう。必ず生きる意欲が湧き上がってくるはずです。

何をやっても楽しくない人へ

あなたの根本的な生き方が違っているのかもしれません。敷かれたレール、無難なレール、人と比べて選んだレールを生きていませんか?
人生の目的は「新しい経験を積む事」です。それを考えれば失敗も貴重な経験です。
今自分がいる場所から離れてみるのも良い経験です。客観的に自分を見つめ直す事で、改めて自分の幸せに気付く事もあるかもしれません。あるいは自分の生きる道が他にある事に気付くかもしれません。

すべての人へ

人生とは、霊的価値とは真逆の物質的価値が支配する地球で人生を歩みながら霊的価値を学ぶ修行です。だからこそ見える霊的価値があるのです。
自身の霊格を変えるチャンスです。誰かと競い合ってる場合ではありません。霊的に価値の無いものを必死に追いかけている場合ではありません。
「焼けば灰になる物に執着してはいけない。焼いても灰にならないものに本当の価値がある」
ものごとの本当の価値、正しい価値を見出す真理を学ぶこと、それは永遠の宝を手にすることです。

人生の教訓

人生は死後に始まる生活の準備でしかない