「サーキットブレーカー」が二度も発令。大変な事です。覚悟しなければなりません。

すべてのブログ

だいぶ見えてきた、新型コロナの世界的な影響。
これは相当な覚悟が必要です。
昨夜の株式市場は、取引開始直後に「サーキットブレーカー」が発動。
私は株に興味がないので取引はやっていませんが、世界経済は株式で動いているのでその動向は世界の未来を予測する指標になります。

(記事を引用)


アメリカや日本の中央銀行が相次いで追加の金融緩和に踏み切りましたが、新型コロナウイルスの感染拡大への根強い懸念から株価の下落は止まらず、取り引き開始直後に自動的に売買を停止する「サーキットブレーカー」が発動されました。
その後、取り引きが再開されたあともダウ平均株価は下落を続け、一時2800ドル近い、これまでで最大の値下がり幅を記録しています。
市場ではこのあと、主要な株価指数の先週末と比べた下落率が13%に達すると、再び売買停止となります。


このパンデミック、そしてそれに伴う世界経済の大低迷。
それは避けられません。
リーマンショックの時には比べられない今回の被害は一般庶民の生活に直接打撃が来るという事。
リーマンは、金融、そしてグローバル企業が打撃を被ったが、今回はあらゆる産業に影響があります。
少なくても数年単位で覚悟して備えなければなりません。

経済の低迷は大きな問題ですが、それよりも大きな問題は地球の覇権争いがここに来て大きく激化している事です。
私たちの100年の未来を左右する戦いが水面下で激高しています。
中国とアメリカの戦争です。
本当に相手を牛耳る為の現代の戦争とは、もはや重火器は使いません。それはあまりに効率が悪すぎる。
この1年で地球のパワーバランスが大きく変わる可能性があります。
私たち日本人も、もちろん岐路に立たされます。

私は数年前から日本人も大きく二極化すると言い続けていますが、このように外部からの影響を受けてそれもまた加速するでしょう。
物質的な幸せは意図も簡単に崩れ去ります。
精神的、つまり霊的な幸せを自分で築いていかなければ、本当の幸せは掴めません。
霊的価値観で人生を歩めるようになれば、地球で何が起きようと、一切動じる事はないはずです。
泥沼に咲く蓮の花の様に、どんな所に根を生やしても美しい花を咲かせるには、自分が置かれる環境によって心が乱れているようでは叶いません。
この世の出来事は所詮、幻想です。
現実はあなたの心です。

関連記事一覧