霊的真理を知る事がどういう風に実生活に活かされるのか。知識を実践に活かす実体験。

スピリチュアル

知識を実践に活かす方法

今日は霊的真理を知る事がどういう風に実生活に活かされていくのか、
それを私の体験からお話しします。
しかもこれ、今まさに真っ最中の出来事です!

本当は導信VOICEでお話ししようと思っていましたが、会員以外の方にも聞いてもらおうかと思いブログにしました。
話をそのまま書いていくので長くなると思いますが… 導信VOICEの文字お越し版だと思って読んで下さい。

・・・・・

いや~、参りました。
昨日は一睡も出来なかった。(朝方30分くらいだけウトウト出来たけど…)
黙っていられないくらいの痛みに耐え、丸二日が経ちました。
救われるまで、あと2日。。。

何したかって?

昔に治療していた奥歯が急に炎症し始めて、翌日すぐに歯医者に行ったら虫歯ではなく何らかの原因で菌が入ったらしいと。
それが骨のあたりまで炎症してるから抗生物質で炎症を止めてから治療した方がいいかな。という事になり3日後に予約を取ったんですが。
実はこの段階でちょっと「何か意味があるかな?」って感じてました。
というのは、
1週間ほど前、奥歯に違和感が出た段階ですぐに予約した日が15日。
でもその翌日に急に痛みが強くなって来たので日にちを変更してすぐに行ったんです。そして先ほどの会話に。

それで、受付で指定された治療日が15日。
やっぱり治療する日は15日なんだね。
何か意味があるんだなぁ。

『すべての出来事が偶然を装った必然』
by 霊的真理。

それで予約を取り終え帰宅中、
あれ?
何この痛みは( 一一) 急に、何?

とまあ、この時点で何かしらの働きかけがされている事を察し始めたのですが、
それよりもまずこの痛みを何とかせねば!
途中で水を買い痛み止めを速攻で飲みました。

私はめったな事では薬飲みませんからね。
導信村開拓中に指の骨折っても、爪が潰れても(これ、今は半分生え変わって来ました!)医療にはお世話になりませんでした。
私は自分の自然治癒力を完全に信頼してますので、余程の事がなければ体内に薬剤を入れたくない。
なので、知ってる人は私が薬を飲むくらいだから相当痛いって事が分かってもらえるでしょう。

痛み止めを飲んで1時間、
治まるどころかどんどん痛くなって来る。
歯に舌がぶつかる度にビキーンと激痛が。
生れて初めてこんなに歯?あご?が痛くなりました。

上限ギリギリまで痛み止めを増やし続けたけど、まったく効果なし。
一晩中耐えてました…
その延長戦が今まだ続いています。
もうどこが痛いんだか分からなくなって来た。
歯医者休みだから15日まであと2晩の辛抱かぁ( 一一)…長い。

さて、そろそろ本題に入ろうかな。
何がいったい霊的真理なんだ?

コロナウイルスにも言える事だけど、
地球上の菌やウイルスは外部からの霊的作用に反応して動いている生物です。
つまり、彼らは意思を持っていません。
大霊・宇宙の法則から自由を認められていない。
だから今のコロナも「ウイルスだ、変異種がどうのこうの」っていうところにしか目を向けないから人類は感染症を克服出来ないんです。

コロナウイルスに意思は無い。
じゃあ何の影響を受けて暴れているのか?
ここに目を向けなきゃ人類はこれ以上成長しません。

人類の霊的波長が落ちると、その粗い波長・バイブレーションに感応してウイルスや菌が暴走を始めるのが霊的視点で見た問題のメカニズムなのです。
人類全体が落ちているから世界中のパンデミックになっています。
もし中国以外の国の波長が高ければ、中国から外には感染は広がりません。

それを私自身に置き換えてみるのが霊的真理の実践です。

私の体内でなぜ菌が増殖したのか?

そうです。
私の波長が下がっていたからです。
私が持っている波長の高いところをキープしていれば、どんな菌だろうがウイルスだろうが増殖することは出来ません。
これは私だけじゃなく皆も同じです。
物理的に歯磨きをしないで虫歯になるという話はまた別です。それは霊的法則の前に本人の責任による物理的法則が働いただけの事です。
普段と変わらない生活をして、特に免疫を下げるような事もせず、口腔ケアもちゃんとしています。
歯医者に行ってもこれという原因が見つからず、こういう結果になっているというところまで客観的に分析すれば、あとは霊的作用しかありません。

夜、悶えながらここ最近の自分の心の状態霊的波長の状態を振り返りチェックしてみました。
はたから見たらいつも通りの私の生活だと思うはずですが、深く内観してみると心の状態があまり良くなかった。
(これについては人それぞれの霊格・魂の成長度によってAには善でもBには悪という事もありますので、あくまで私に求められる心の状態という事です。)

それを反省し、教えてくれたこの痛みに感謝
私が気付くまでの時間、そして記憶にしっかりと残すだけの苦痛、それが15日までの時間だったのです。
それが分かれば、もうあとは前向きに耐えるのみです!

こんな苦しい思いはもうしたくないから、この痛みを自分への戒めにするぞ!
指導霊さん、気づきを、導きをありがと~。
でも痛いよ~(*_*; 誰か何とかしてくれ~。
と、情緒不安定な一晩を過ごしていた朝方です。

急に手に取りたくなって目についた一冊の本。
ここに指導霊からのメッセージがあるのは分かるのですが…
「俺は今それどころじゃないから!」
と思いつつ、気を紛らわせたいと、
パラパラとページをめくり目に留まった文章がこれ。

『人間の波長に一切の問題がなければ菌やウイルスはその体内で暴れる事は出来ない』

俺の事やないかい!

分かったよ~、
だからこの痛みを何とかしてくれ~~~!

という願いは、
未だに届いておりませんが…(+_+)

頼む、指導霊さん。
痛み止めの効果を落とすの、やめてくれ~ m(__)m

関連記事一覧