≪超・緊急・講話会≫ 開催決定!

新着情報

≪超・緊急・講話会≫ 開催決定!
10月8日(土)13:30~
『緊急事態条項が通れば、日本の未来は戦前・戦中の支配統治時代に逆戻りします』

 

次回12月に予定の講話会で取り上げようと思っていたテーマですが、
日に日に緊急性が増しているのを感じるので、情報だけは早く発信しておいた方がいいぞ、という事になり≪緊急・講話会≫を開催します。

アーカイブは残しますが、ぜひタイムリーに繋がって下さい。
収録を開始する前にも記録に残したくないお話しをいくつかしたいと思っております。

今回の講話会は、ただ一方的に聞くだけではなく、私から宿題を出させていただきます。
「緊急事態条項(自民党・日本国憲法改正草案)」をネットで検索し、全文をコピーして下さい。
それをしっかりと読んで、現行から何が改正され何が追加されているのかをチェックして下さい。
そこから危険だと思う改正案を自分なりに見つけて下さい。それが自分自身の二つの目を養う力真実を見抜く力分析力を身に付ける練習となります。
講話会ではこの改正案を一緒に見ながら問題点を見ていきたいと思います。

それで、皆さんが声をあげられる人になるはずです。
この動きは小さいながらも全国に広がっています。
ここでご縁した私たちもその正義のうねりを作る一集団となりましょう。

知識だけが増えても意味がありません。
その知識がより良い未来をつくる行動になっていなければ意味がありません。

今回の「緊急事態条項(自民党・日本国憲法改正草案)」は、国内法よりもさらに強制力を持つ特別法です。

政府が緊急事態を宣言した段階で、この緊急事態法が国民を支配します。
その中身をどれだけの人が知っているでしょうか?
もう、この国の未来が見えてきています。
でも、まだかろうじて抗えるチャンスがある。まだ、今は。
私は、まだ希望はあると信じたい。
それを決定づけるのがこの改正案が通されるかどうかです。

ここではこれ以上申し上げませんが、
ここで日本人が関心も示さず、声も上げず、またいつものように何かのスピン報道の裏でスッとこの法案が通された場合、

関連記事一覧