こうやって秘薬は開発されたんだなぁ、すごい。

スピリチュアル

昨夜、妻は背中が痛いと目を覚まし寝返りを何度もうっていました。
過去の交通事故の後遺症がずっと続いていて、頻繁に痛みが襲うようです。
やれる事はいろいろやっていますが病院や治療院の力で治す事は難しいでしょう。
これまでも何度か私のエネルギー治療で痛みを緩和させられる事は分かっていますので、定期的にやれる環境づくりをしようと思っています。

それはそれとして、
昨夜あまり痛そうだったので痛みを取ってくれるように私の守護霊たちにお願いしました。
それと併せて、痛みの原因自体を取れるようにしばらく語り掛けていました。

守護霊との会話は時間差があるので口と耳で行う会話のようにはいきません。
でも必ず回答してくれます。
今回は数時間後に回答が来ました。
それが驚きです!
ちょっと興奮しました。
こんな回答は人生で二度目です。

謎のレシピ!を書いて教えてくれたのです。
そのメモを見せてくれました。

私はすぐに起きてメモしました。
聞いたこともないカタカナ文字ですから、薄れゆく記憶のスピードに負けじとペンを走らせました。
なんとか、すべて書き留める事が出来ました。
私はまだ半分寝ていますから、そのまま眠りに落ち、目が覚めてからすぐにメモをチェックすると何の事やら?さっぱり分からない文字が暗号のように書かれていました。

一つ一つ調べていくと、本当に驚きです。
それらは、古代から伝わる漢方や薬草などの種類でした。
そこまでで終わっていますが、凄いですよね。
これ、間違いなく秘薬の調合レシピです。
これからこのレシピで漢方を作り、ちゃんとした研究所に持ち込んでデータなど取ります。
霊界から授けられたものですから、妻だけじゃなく、多くの人を助けるものになるでしょう。

それにしても、どう見てもこの組み合わせは常識で考え付かないです。
こうやって秘薬が世の中に誕生するんでしょうね。
すべては霊界からもたらされる恩恵です。

またお伝えします。

関連記事一覧