井の中の蛙大海を知らず

セルフメディテーション

「井の中の蛙-かわず-大海を知らず」とは
井戸の中に暮らすカエルは、海の存在を知る由もない、という意味。
つまり、その人の見識の範囲内でしか、ものごとを考えたり、想像したりすることはできないということです。

私は1週間ほど前から日本を離れていますが、新しい国や人に出会うたびに感じることです。
新しい出会いがあるたびに、また新しい発見があります。
その新しい発見のたびに、また新しい自分に出会うことも出来ます。
まだまだ自分の知らない世界はたくさんあるので、今の自分で考えられる発想はまだまだ未開発の中の考えでしかないということ。

人生には新しい発見しかありません。
自分が何かに挑戦している限り、まだ自分は発展途上です。
いつか大海のカエルになれるように。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。