あれから10年、そして今

すべてのブログ

2011年3月11日14:46
この時、東北地方太平洋沖地震が発生しました。
私は娘を抱え屋外に避難しましたが、目の前の道路がまるで布切れが風になびく様に波打っていました。

東日本大震災から10年、
多くの人が生きるとは何かを考えた出来事だったと思います。
私も知人を亡くしました。
被災したすべての人が改めて知った事は、

人は支え合わなければ生きていけない

という事です。
世間では、その事をもう忘れていると感じる事が多々あります。

生かされているという事を忘れると、
自分の事ばかり、まず自分、人はその次、そうなってしまいます。
でもあの震災を経験した人、あの1年は、誰もが常に誰かの事を気遣い、自分と同じく人も優先し、自分を生かす為に他人をも大切にしました。
私たちは理屈ではなく肌で感じていました。

人は支え合わなければ生きていけない

その事を忘れてはいけません。
家庭で、職場で、地域で、その事を忘れてはいけません。

関連記事一覧