緊急提言!【10万円給付】問題の本質を見抜け!

すべてのブログ

自民党・公明党が公約として掲げた10万円給付の対象をめぐり議論されています。

この政治劇場という舞台で繰り広げられる茶番劇
またしてもマスコミによるプロパガンダ
それらにまんまと乗せられている思考停止の国民たち。

いい加減に見抜けるようにならないと、本当に、いつまでも権力者と金持ちの為にすべてが動く国のままです。
弱い者に寄り添う国にしたくないですか?
金よりも命を重んずる国で生きていきたくないですか?

この10万円の目的は「子供の未来の為に」と言っています。
ふざけるな!たった10万で子供の未来の何を変えろというのか?
今困っている人にとっては、借金でで消えます。
高熱費、家賃、食費、学費でで消えます。いや、どこにも足りません。
一般市民感覚とはまったく別の次元で生きている人間が国を動かしています。

私の感情論ではなく、根拠に基づく意見だという事を一つ言っておきます。
コロナ渦で最大の利益を上げたパソナグループ会長の竹中平蔵。
彼は安倍政権から掲げている「新自由主義」をアドバイザーとして陰で強引に推し進めている人物です。
(それがどれだけ日本国民にとって大きな損害をもたらしているかはこれまでも配信しているのでここでは触れません。)

パソナと政府の癒着が批判される中、『あなたはパソナからいくら報酬を得ているのですか?』との質問に対して。
『分かりません。調べた事がありません。分からないほど微々たるものです。』
と言いました。
すでに調べて来た質問者は、『8000万円です。8000万円は、微々たるものですか?』
そうすると、苦い顔をしながら『微々たるものです』と言いました。

これ以上説明はいりませんよね。
政府の政策を動かしている中心人物は一般市民感情など分かるはずもありません。

財務省は一般庶民には、びた一文金は出したくない。
これが本音です。
でもそれでは政権の顔が立たない。
だから国民が騒ぎ出さない程度のエサを与えなければならない。
それを踏んだ額が10万円です。
つまり、日本国民を黙らせる額が10万円。それが政府が踏んだ国民の値段です。

そして一番の問題がここです!

ここで腹を立てない国民が一番の問題です。
馬鹿にするな!
税金はお前たちが稼いだ金じゃないんだ、国民一人一人から集めた金なんだぞ!

そう思いませんか?
腹が立ちませんか?
10万もやればとりあえず黙るだろ…という政府の思惑に、まんまと乗っかってる思考停止の国民が一番の問題です。
そういう国民の態度が結果的に今の政治体制を支えているのです。
10万を自分がもらえるかもらえないか、そんな議論に乗ってちゃダメなんです。

テレビでは、このような問題提起をしている政治家の意見は絶対に放送しません。
国民に「あれ、それもそうだぞ?!」って気が付かれたら面倒だからです。
どの局でも、連日流し続ける報道は「誰に10万円を… どこまで10万円を…」のみです。
10万円を国民の頭に刷り込むプロパガンダの使命をテレビ局は確実に遂行しています。
実際にもうすでに多くの国民は10万円は刷り込まれ済みじゃないですか?
あとは、誰に、どこまで。
自分がもらえるか、もらえないか。その論調に洗脳されていますよね。

本来、子供の未来…などと大義をかざして当選したなら、
大学までの学費を無条件に全額免除しなさい。
それだけじゃ足りません。生活しなきゃないんだから、学生には一律生活助成金を卒業まで出しなさい。
すぐに出来ます。もちろん根拠は沢山あります。
世界から見たらこれは当たり前の話なんです。
唯一、日本だけです。学生に借金させて勉強させるのは。

国民みんなから集めたお金なんだから、日本の未来を担う子供に使う事に議論など必要ありません。

ちょっと、熱くなってきました。
これ以上続けるといろいろNGワード出そうなのでここら辺にしておきますが、
ここまでの内容を読んでいただき少しはこの10万円問題の本質が見えたでしょうか?

俺はもらえる… 私はもらえない… もうそういう思考、やめましょう。
「10万円もらえたからラッキー!」で終わらせちゃ思惑通り。

ニンジンをぶら下げられて走るほど、こっちはまだプライドが落ちぶれちゃいませんぜ。

関連記事一覧