先祖供養と祈り

スピリチュアル

今週のメッセージ
『先祖供養と祈り』

今週のメッセージは、「先祖供養をする際の祈り方」についてお話します。

今日で今年のお盆も終わろうとしています。
私たちの先祖は墓石に名が刻まれた人だけではありません。その墓には入っていないだけであなたと繋がる先祖は数えきれない程大勢います。
直接知っている先祖だけではなく、あなたと繋がるすべての先祖にも少し想いを馳せてあげましょう。

多くの先祖は、生きる事だけでも厳しい時代に生き、その中で子孫を守る為に命をかけ懸命に働き、そして貧しい時代を乗り越え一つの命を繋いできました。
その最先端にいるのがあなたです。

今生きるすべての人が多くの先祖の人生の上に成り立っています。
謙虚にならざるを得ない事はもちろん、自分の人生だからと言って好き勝手に生きて良いものではないのです。
そこには、先祖に対する感謝と、先祖の代表として今を生きる誇りを持ち生きるべきです。
あなたの人生をしっかりと生き抜く事が先祖への感謝であり、先祖への供養です。

お墓参りや仏壇に手を合わせる時、また普段の生活で先祖に想いを馳せる時などの正しい祈り方は次の通りです。

「私は私の人生をしっかりと生き抜きます。だから先祖の皆様もそれぞれの人生をしっかり生きて下さい。魂向上の道へと進んで下さい。」

この世に執着を残し未成仏となっている可能性がある先祖がいると思うなら、最後にこの言葉を付け加えて下さい。

「もしこの世に執着を残している先祖がいるなら、意味がないから早くお忘れなさい。新しい人生が待っていますから、もう次の道へお進みなさい。光の方へとお進みなさい。」

お盆が終われば、ほとんどの先祖はそれぞれの霊界へ戻って行きます。
現世に出かけて来たご先祖にしっかりとお別れを言い、あなたもまた新たな人生を再開して下さい。
この切り替えがとても大切です。
この世に居座る霊がお盆の後しばらく増えるのは、この切り替えが出来ずに彷徨うからです。

関連記事一覧