二つの目が自分の未来をつくる

すべてのブログ

導信サイトを通して、二つの目を養っている方が増えていると思います。
その中でペンネーム・さくらさんからご感想をいただいています。

ウクライナ問題やコロナ、そしてサル痘など、メディアの報道とは違う事実をご自身で調べ分析しているようです。
会員になられた当初から見ていると、さくらさんの二つの目は随分レベルアップしていると感じます。
他の会員の皆さんも、かなり洗練されて来たなぁと嬉しく見させていただいている方が増えて来ました。
二つの目つまり真実の目、もしくは真理の目は、人生も去る事ながら死後の生活に大きな影響を与えます。
この人生でどれだけ養っていけるか、それが未来の自分をつくっていきます。

さくらさんのお便りの最後に、
「野菜つくりもそうですが、何をどう準備して行こうか試行錯誤してますが、何となく自分にあったものがわかってきて、、 後はこれを周りの人達に知らせていけたらなと思っています! 」
とあります。

思考錯誤、その行動の先に自分に見合うものが見えて来ます。
そのプロセスをしっかりやっている事が素晴らしい事です。
「知識には責任が伴います」
知った以上はちゃんと実践する事が大切です。それを大霊は見ています。

サロンについても質問がありました。
講話会の拠点とするべく3年前から開始した導信村開拓プロジェクトです。
行動制限、監視社会、そういう時代になると思っていましたので自由に活動が出来る場所を作っていました。
つい昨日、最後の申請が許可され、やっと着工します。
申請関係だけで1年かかりましたがこれでやっと形が出来そうです。

最後に、

これからまた「サル痘」を使って国民誘導が始まります。
コロナとまったく同じです。
二つの目、ここでもしっかり発揮して下さい。

こんなバカバカしい騒ぎに一喜一憂してはいけません。
心がまだ流されやすい人は、とりあえずテレビ見るのやめましょう。
悪魔が発信する情報を脳に入れない事が大事です。

またVOICEでも取り上げていきますが、とにかく「サル痘」なんてアホらしくて失笑しか出ません。
プロパガンダは24時間365日途切れることなく仕掛けられています。
気を抜いたらやられます。意識して生活しましょう。
そして周囲の人たちにも可能な限り「二つの目」を教えてあげましょう。

関連記事一覧