気象庁、生物季節観測を見直し。廃止。

すべてのブログ

気象庁から気になるニュースが発表されました。
来年1月より生物季節観測を見直す。というものです。

生物季節観測とは、季節や気候を観測する上でデジタル的な調査に加え、生物の変化や生態系を実際に人間が確認し観測するというものです。
この観測は植物や動物、鳥や昆虫を観測しますが、特に動物観測を完全に廃止するとのことです。
予算の問題、動物を見つけるのが大変、などと理由は述べていますが、自然から目を背ける行為は避けるべきです。

こういうところから見て取れるのは、やはり人間のおごりです。
極端に聞こえるかもしれませんが、人間が作り出した科学技術のみを重要視し、自然の営み、自然の動きを軽視する心理が根底にあるからです。

私たちは、もっと自然に目を向け、自然と調和し、自然を畏れ敬い生きて行かなければなりません。
それが霊的な豊かさを求めて生きるという事です。

関連記事一覧