生きているうちに、幽界で目を覚ました時の準備をしておかないと苦労しますよ。

すべてのブログ

死は怖いものでも、あなたの終わりでもありません。

ほとんどの人にとっての死とは、あなたという存在そのものの開放であり、自由への羽ばたきです。
支配、争い、苦難、物質的制約が渦巻くこの世に執着することは、まさに無知の成せる業です。

飢えと貧困に苦しむ部屋に居る人に、「このドアを開けて隣の部屋に進んでごらん」と言っても、その部屋にはもっと恐ろしい何かが待っていると思い込んでいる人は、苦しみのその部屋に居座ります。
隣の部屋には、自由と権利が保障されていることも知らずに。
無知とはそういうものです。
現世と霊界とは、まさにそんな状態なんですね。

死後の生活の為に、とても役立つ準備があります。
霊界にストレートに行ける人は意外と多くありません。
一旦は幽界でしばらく生活する人の方が多いでしょう。
この事については、スピリチュアル講座・4章でも詳しくお話ししていますが、本日収録したオンライン講話でも取り上げています。
近日中に追加で配信致します。是非、実践して下さい。

幽界での生活を迎える為に人生の中でやっておきたい準備。

▢時間や習慣に支配されない生活
習慣よりも意識を優位にしておく事。
例えば…食事。
時間だから食べる…という習慣。

▢嗜好品は自分の意識でコントロールする
依存性が意識を支配してしまっている人は、幽界では低級霊の格好のターゲットになります。
気が付くと、自分が憑依霊となっているケースが後を絶ちません。

早く幽界を抜け出し、霊界で穏やかな生活を迎えられるように今から準備していきましょう。

詳しくは、オンライン講話の配信をお待ち下さい。

関連記事一覧