サンクチュアリが完成しました。悪霊のイエス像の破壊工作も無駄に終わりましたね。はい、残念。

スピリチュアル

今日のキャプチャーはパワーフォトになります。
善霊のパワーが宿った写真ですので見るだけでも波長を整える効果があります。

さて、いよいよサンクチュアリが完成しました!
サンクチュアリとは「神聖な場所」という意味ですが、祈りの場・教会ですね。

その昔、権力者の支配が厳しい時代に法律が及ばない場所としてサンクチュアリと言われたのが始まりです。
今の時代、魑魅魍魎‐ちみもうりょう‐が蔓延るこの世界において、まさにその力の及ばないサンクチュアリが導信村、そしてこの世界で一番小さな教会でしょう。

周囲の自然と一体化させたかったので前面を壁で覆わず、あえて一部をオープンにしました。
細かい装飾がまだこれからなので完成したら写真をアップします。

先日アップした「イエス像破壊」は、まさに最後の抵抗だったのでしょう。
魑魅魍魎にとって不愉快極まりない導信活動の拠点に、さらにこんなサンクチュアリが作られたら、そりゃ、手も足も出ませんから。

こんなお便りもいただいていました。

施設で働く方からのお便りです。
「毎週木曜日は理事長の牧師さんの聖書のお話しがあります。 時々、ん? なんか違う、、と感じる事もあります、、 聖書も全部が正しいのではない?のかなと、、感じる時があり、、」

そうでうね、その通りです。
最初に記された聖書は時代の混乱期の中で二度三度大きく書き換えられています。
聖職者同志の権力争い、腐敗した教会組織にとって都合が良いように削除されたり書き足されたりしました。

それでも、聖書はこの時代に残された唯一のイエス霊の足跡ですから大変重要な書である事は確かです。
私も聖書を読む時すべてを鵜呑みにしている訳ではありませんが、二つの目を持って読んでいけば随所に霊的真理を見つける事が出来ます。
私がいつも言う「私はキリスト教信者ではありません。イエス信者です。」と言っているのもここらへんの事情にあります。

そしてもう一つ。
導信サイトで霊的真理を学ぶ方が「ん?なんか違う、、」と感じる部分ですが。
それは、聖書で書かれている事をその牧師がどう捉えるかという問題がある事も知っておかなければなりません。

これは霊感にも言える事です。

霊からのインスピレーションを受け取ったとしても、それをその人がどう捉えるのか、どう解釈するのかによってメッセージは真逆のものになります。
どんなに頑張っても、肉体を持っている以上、最低でも50%は主観が入ります。肉体的支配を受けてしまいます。
だから言っている事の真実を確かめる為には、その人の人生そのものを見る必要があります。特にプライベートを。

ちょっと違う視点からこれを説明すると、
経済評論家が経済について色々語っていますが、そのほとんどは実際にビジネスの世界では成功していません。
そもそも経済界で成功しているならば評論家にはなっていません。人のビジネスの評論をしている暇があったら自分のビジネスで世界中を飛び回っていますね。
まったく別の環境の例えですが、こういう事です。

実践が伴わない知識はただの机上論です。
言っている事と、やっている事の、合致している部分だけがその人の本当の知識であり力です。

中途半端な霊能者や占い師に引っかからない為に、もう一つ例えを加えると。

霊視でスプーンが見えたとします。
ある人はそれを真上から見ています。ある人は横から、ある人は正面から見ています。
その三人のメッセージはどうなるでしょうか。
一方はただの短い線、一方は長い線、一方はそのままスプーンに見えています。
あとはそれぞれの人生経験や知識を元にそれが何を意味しているのか読み解き伝えなければなりません。

聖書もしかり、
同じものを見ていながら、人によってまったく意味が違ってくる事を理解出来たのではないでしょうか。
霊的真理の知識を持たずに聖書の言葉を額面通り読み上げたところで現代人の心を打つのかと言えばそれは難しいのかもしれません。
(その牧師個人の事ではなく一般論です)

この教会も有料会員さんの祈りの場として提供したいと考えています。

関連記事一覧