ほら穴に監禁15年、強姦され続けた女性を救出!

すべてのブログ

いや、本当に良かった。
それにしても15年って、ひどいなこれ。

まずはニュース記事をご覧下さい。


インドネシア東部スラウェシ島のほら穴で、村の呪術師に15年間も監禁され、繰り返し強姦されていた女性が救出された。地元警察が8日までに発表した。

女性は28歳のHさん(仮名)。地元紙ジャカルタ・ポストによると、83歳の呪術師、ジャゴ容疑者に監禁されているという通報を受けた警察が同容疑者を拘束し、供述に基づいて5日に捜し出した。

警察によると、Hさんは13歳だった2003年、家族に連れられてジャゴ容疑者の治療を受けに訪れた。同容疑者は代替療法や「魔術」を使って病気を治すといわれていた。

ジャゴ容疑者はその後まもなく、Hさんが「遠く」へ旅立ったと家族に告げた。家族には行方が分からなかったため、行方不明者届が出された。

警察の調べによると、同容疑者はそれから15年間、Hさんに「アムリン」という名の精霊の写真を見せながら、魔術と称して強姦を繰り返した。警察の調べに対し、性行為の間はアムリンが現れ、自分に取りついていたと話した。

ジャカルタ・ポストは専門家の話として、ジャゴ容疑者は村人の尊敬を集める存在だったと指摘。ほかにも言い出せずにいた被害者が見つかるかもしれないと伝えた。

警察によると、同容疑者は児童保護法に違反して未成年者に性的虐待を加えた罪に問われ、最大で禁固15年の刑を言い渡される可能性がある。


 

最大で禁固15年って、みじか過ぎるだろ。
地獄の15年を過ごした少女と、
人権は守られ、食事も、ベットも、シャワーも、娯楽時間もある刑務所の中の15年と一緒に出来ないだろ。

でも、死刑はダメです。

霊的真理では、
死刑は過ちです。

被害者、またその家族にとっては納得のいかない真理かもしれませんが、死刑制度は一刻も早く全世界で廃止するべきです。
いずれ国ごとに霊格が向上するにつれ、必ず死刑は廃止されていきます。
現に、世界規模でみると廃止の動きが広がっていますが、日本はまだですね。

最高刑は、「仮釈放無しの終身刑」が正しい道です。
ただし、現在の刑務所の制度は罰する事に特化していて更生させるプログラムにはなっていないと言われています。
私もそう思います。
制度だけじゃなく、犯罪者に対する概念を変えていかなければ死刑制度はいつまでたっても無くならないでしょう。

それが、私たちにどんな弊害をもたらすのか!

死刑が過ちだという理由とあわせて導信VOICEで詳しくお話しします。

関連記事一覧