LGBT… 不登校…

すべてのブログ

こちらのご質問はブログでお答えします。

(一部割愛)
高校一年生の三男が不登校になり、悩んでいます。
自分から積極的に毎日お風呂で導信玉で清め、十字架鉄鉱石の御守りを首から下げています。
高校に入ってから打ち明けてくれましたが、LGBTで、中身は女の子で本当は容姿もそうしたいそうです。その事は家族は認めていますが、学校は雰囲気が怖くて行けない、行きたくない。でも、高校は卒業したいから通信制の高校に編入したいと話しています。
家からは一歩も出たがりません。
導信さんのご意見をぜひ教えて頂きたいです。

お子さんに対してご家族の理解があるという事。
まずはこの事だけでもこの子は救われますね。
本人が言うように通信制の高校に編入する事は悪い事ではありませんので選択肢の一つですね。

ただし、編入するにしても何か一つ自分の中でクリアしてから編入させて下さい。
今抱える悩み、苦手意識、課題、やり残している事、逃げている事など。
一つでも二つでも、挑戦し自分なりに乗り越えた体験を持って編入して下さい。
何もせず逃げ込むような編入ではもったいない。
今の高校での苦労は自分のマイノリティと向き合う為にも、将来自分らしく生きていく為にも必要な肥やしです。

今の学校にいるという事は、その場所での学びがあるという事です。
無駄な道には出くわさないようになっています。意味があるからそこにいます。
未来の自分の為にも頑張れるところまでは精一杯挑戦して下さい。
それでも本当にダメなら環境を変えて下さい。それも悪い事ではありません。

どんな道に進もうと、自分の宿命を全うする本道からは外れられない事もまた霊的真理ですので安心して道を変えて下さい。
でも、先に触れたように、何か一つでもいいから挑戦体験、成功体験を作る努力をして下さい。

トランスジェンダーについて言えば、
そもそも霊的には性別は存在しません。
女性的、男性的な霊はいます。それは母性に長けた霊や父性に長けた霊という見方が出来るからです。
最終的には、母性も父性も両方を完璧にマスターし霊格を向上させていきます。
すべての人生がその為の道のりです。
だから性別を変えて生まれて来るのです。お子さんは今その切り替えがうまくいっていないのです。

お子さんにお伝え下さい

今あなたはトランスジェンダーという道を歩むことで自分の霊性を開花させようとしているのです。
だから、あなたにとっては大きな問題ですが、霊的にはそれ自体が大きな問題ではないのです。
それはあくまで道のりでしかありません。
あなたはあなたとして、一人の立派なとして自信と誇りを持って歩むべきです。
これからもあなたと共に生きる守護霊たちがあなたの人生をサポートしていきます。
今のあなたなら霊的真理を深く理解できると思います。自分の人生から逃げずに、それをチャンスに変えて素敵な未来を築いて下さい。
あなたはそれほど弱い人間ではありませんよ。やる気になったらどんな困難にも挑戦出来る勇気を持っています。
それは私が保証します。そして、このブログをもってこの事があなたの力になるように定義※しました。
※あなた自身に力が入るようにしました。
不安になる時、今付けている十字架を強く握りしめ、その事を思い出して下さい。体に力が満ちていくはずです。

関連記事一覧