世間のニュース

今日は霊界通信です。「この話を伝えなさい」という夢のお告げです。

ステルスブログをご覧の皆さん、よくお気づきで!ありがとうございます。
通知していないのにけっこう見てくれていたようです。
別の通知が出たばっかりだったのでうるさいかなぁと思いただ更新だけしてました。

さて私は昨日、沖縄のメディア関係者と話しをしていました。
自分の番組も持っている人です。

「台湾有事を前に内部ではどういう状況ですか?」

という質問に対し、
「今は何もありませんね。普段と変わりありませんよ」
という回答が。

今アメリカ兵の多くが沖縄基地から撤退し、各方々に分散配置しています。
アメリカの主力兵器も撤収済みです。
戦闘能力の上では、実質からっぽです。
戦後、もっとも戦闘の危機が迫っている「今」にも関わらず、なぜ?

今目の前に迫るのは沖縄を巻き込んでいく有事のリアルです。
でも沖縄の世論はどこ吹く風・・・
何よりも、最も情報に敏感であるはずのメディア関係者の間でもさして話題にもなっていないのか・・・

この「何にもない感」を見て逆に怖くなりました。
はい、今日は、主戦場になるかもしれない現場のリアルをお届けしました。

今日の都内は雪です。
大都会の曇り空って、何か妙に寂しさを感じるのは私だけでしょうか。

さて、タイトルの「霊界通信」について。

つい先日夢のお告げで「マルクチンで亡くなった人の話を書いて知らせなさい」というメッセージがありました。
それですぐに書きおろしました。
これはひとつのリアルな物語です。私は勝手に思い浮かんで来るストーリーを無心で打ち込んでいきました。
一部言葉をオブラートに包んだりしましたが、この送られて来た物語をいろんな人に共有していただければ嬉しいです。
誰が書いたものか知らせる必要はありません。
こんなのがあったよ。くらいで多くの人の目に触れたらいいと思います。

「私は2022年8月に死にました」
https://www.dosin.jp/wp-content/uploads/2023/02/c46e3247db6cd18ed9893195e5e34405.pdf

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

PAGE TOP
ログイン 会員登録について
会員登録について