Q&A『オーストラリアの大規模火災について』

Q&A

いつもブログを読ませていただいています。 質問になります。 まだ記憶にも新しいオーストラリアの大規模火災。私は動物達の逃げ惑う映像をニュースで観て、とてもショックで言葉を失いました。私は空に、オーストラリアの大規模火災が鎮火するほどの雨を降らせて欲しいと祈りました。その祈りの最中、意識が遠のく感覚になり少しだけ目を開けると、体から粒子というか光というか、何かが出ていて空へと昇っていくのが見えました。その数日後、オーストラリアに季節外れの大雨が降ったそうです。 質問というのは、この私が見た粒子?光?は、「祈り」が形となって出てきたものなのでしょうか?


この回答は霊的真理の中でも自然法則について触れなければならない内容なので、二つに分けさせてもらいます。
ブログでの回答に続き、より深く説いた回答は会員向けのメルマガにて配信させてもらいます。ご了承下さい。

祈りについて、本当に効力があるのか疑問を持つ人も多いと思います。
今回の相談者の様に私欲から出る祈りではなく、純粋な奉仕の心、愛に由来する祈りが善霊界に無視される事は決してありません。
その正しい祈りのエネルギーに対する法則が働きます。
ただし、それがその祈りの内容を叶えるかどうかというのはまた別な問題です。この部分がメルマガ配信の内容になります。
私は「叶う」とは言っていませんね。「無視されない」と言っています。それが深く真理を説かなければならない部分です。
ただし、そこまで知らなくても良い段階もあるのでここでは以下の回答のみにします。

相談者の体から光が出たという事については、光の放射現象はよくある事です。
それは祈りのエネルギーが光として相談者に見えたものです。
純粋な祈りはそれだけ良いエネルギーを出します。それが光となるのです。その質の良い光がまたそれに見合う法則が動き出すのです。
良い祈り、正しい祈りですね。この様な祈りが出来る事は素晴らしい事です。これからも続けて下さい。あなたの人生自体にも良い法則が働きます。

意識が遠のく…現象については、意識が肉体から魂に移っていく時の感覚です。うまく精神統一出来たからです。
瞑想の効果と同じです。
その感覚は気持ち良かったと思いますが、あまり長くそれを続けてはいけません。効能の裏には副作用もあります。陰陽の法則です。
瞑想などについては、使いこなす術(霊的真理を深く理解)を持っていない人が興味本位でやり過ぎない様に注意して下さい。

被害に遭った動物たちの霊は、善霊界の献身的な愛によって慰められています。

関連記事一覧