Q&A『家族に本を薦めてみました』『お母さんが再検査に』

Q&A

こんにちは。 いつもありがとうございます。
相談があります。 少し複雑なのですが、私の両親は離婚していて、今父親とお付き合いしている方が長い間うつ病と闘っています。
(途中割愛)父にも相手の方にも霊的真理を知ってもらいたいと思い、導信さんの本をすすめてみると、私の父はまだ読んでいないようですが、相手の方は目を通してくれたみたいです。
今の状況を少しでも変えるために他にも出来ることがあれば教えていただきたいです。

ペンネームがなかったので一応 「Hさん」ご質問ありがとうございます。
身の廻りの方に霊的真理を届けたいという行動、いいですね!

人にはそれぞれ霊的真理を受け入れるタイミングがあります。
いずれは誰もが霊的真理に目覚め、魂の向上を自ら望むようになりますが、そこに至るまでは喜びだけではなく苦しみや絶望を必要とする人もいます。
私たちは、真理に触れるチャンスは人に与える事が出来ますが、それを受け入れるかどうかは私たちの努力ではどうにもならないところですので、それをすぐに受け取るかどうかは焦らずに見守ってあげて下さい。

でも相手の女性の方は本を読まれたとの事ですので、もしかすればこれを機会に霊的真理の学びをスタートされるかもしれませんね。
精神的な悩みがあるようなので、これが心の解放に繋がっていくと思います。

もし何も反応がなくても焦らないで結構です。
本当に大切なことは、時間をかけてゆっくりと浸透していくものです。

 

以前、母親が体調不良が続いているのになかなか病院へ行ってくれないことで質問させていただきました。
(途中割愛)婦人科の癌の疑いがあるから、がんセンターで詳しく検査してください、と言われたようでした。 私の中でももしかしたら…という不安があったので、やはり、、という思いとショックとで、頭が真っ白になりました。 ただ、導信さんと出会い霊的真理を学んでいることで、これからどういう風に気持ちを持っていけばいいか、冷静に考えていけるような気がします。
そこで質問なのですが、 私に頂いた護符なのですが、母を守ってください、とお願いするのはダメでしょうか?
母は護符やお守り的なものを持つ人ではないので、代わりに私がお願いすることが出来たら…と思い、少しでも母の気持ちを楽にしてあげたいし、なんとか良い方向に進んで欲しいと心から願っています。
いつも質問ばかり申し訳ありません。 お時間ある時で結構です。 どうぞ宜しくお願い致します。

※少し前に頂いていたご質問には今週金曜日の導信VOICEでも取り上げております。

ペンネーム「ゆうこさん」ご質問ありがとうございます。
質問があるという事はとても良い事です。物事をより良く進めようとする証拠ですので、前向きな行動です。遠慮なくどうぞ。

さて、お母さんの再検査ですが、心配はあるもののそこに至ったのはゆうこさんが色々と尽力した結果です。
ゆうこさんがいなければ今回の再検査までには至ってないと思いますのでお母さんのお役に立ちましたね。
今の段階ではまだ何も分からない状況ですので、あまり心配せずに状況を待ってみましょう。

護符の説明は詳しくしなくてもいいと思うので、病魔を遠ざける御守りとしてお母さんの為に用意した事だけお伝えしてみてはいかがでしょうか。
神仏に頼るというよりもゆうこさんの気持ちを持っていてもらう事をお伝えしてみて下さい。
それでも持ちたくないというのであれば、ゆうこさんがお母さんの代わりに祈願して下さい。愛から発する良い願いは効力を発揮します。

関連記事一覧