Q&A「職場の人間関係で悩んでいます…」

すべてのブログ

ペンネーム・はなさんからのご相談はこちらのブログにてお答えします。

こんにちは。 職場の事で悩んでいます。 私は40代です。 30代前半の職場の人に嫌われているようです。でも理由はわかりません。
ある時から私に対して、ボールを投げるホームをしてきたりバットで打つ仕草をするようになりました。 表向きは、すごく低姿勢で仕事も頑張ってくれています。 ですが私と話した後に後ろを振り向いて、膝蹴りをするような仕草もします。 それに気がついた時はショックで、すごく落ち込みました。
テレビで野球のニュースを見ることも出来なくなりました。 その人は周りの人からの信頼も厚く、悪い人ではないのでそういう事をされている私が何か原因があるのかと考えてしまいます。 そして、仕事を辞めてしまいたいと考えています。 職場では、なるべくその人と一緒にならないようにしています。 あまりに情けなく、誰にも相談出来ません。 こんな相談ですが、よろしくお願いします。

はなさんの気持ち、文章からよく伝わって来ます。
ショックを受けた気持ちに縛られているような、からまって逃れられないような気持ちですね。

それほど引きずってしまう理由は、はなさんの魂には闇がとても少ないからなんです。
闇に対する免疫が少ない事が引きずってしまう理由なのですが、それははなさんが悪いのではありません。

相手の男性ですが、彼自身が「良い人」を演じる事に疲れています。
自分では分かっている心の闇を隠しながら良い人を演じている自分に強いストレスを感じているのでしょう。
特にコレと言った問題を抱えている訳ではないと思いますが、彼の心はいつも何かがモヤモヤしているのではないでしょうか。そのように感じます。
そんなモヤモヤのはけ口にされたのかもしれませんね。
あなたになら少々行き過ぎた行動をとっても自分に害は返ってこないと思われたのでしょう。

さて、これからのアドバイスですが。

人間の表と裏、光と闇のギャップを見た時には上手に処理していかなければなりません。
多くの人はそういう一面を持っているという現実を知る事です。
そして誰もが自分の闇を光に変える為の修行を人生でやっている事を知って下さい。
闇は私たちの敵ですが、闇を持った人間が敵なのではありません
だからそういう行動をとってしまうを拒絶するのではなく、光も持っている彼が自分に負けてとってしまう闇の行動を拒絶しなくてはなりません。
ではなく行動です。

つまり、どういう事かと言えば。

はなさんが嫌だと思う「行動」を注意して下さい。
勇気がいりますよね。そうですが、それははなさん自身の挑戦でもあるのです。
今のはなさんにとって彼は「釈迦の化身※」です。(※少し後にスピリチュアル10分講座で説明しておきます)
彼のような人はどこにでもいます。その度に逃げていては根本的な問題の解決にはなりません。これは、はなさん自身が成長するチャンスでもあります。

また彼が不快な行動をとった時には、
『ごめん、あなたに悪気はないかもしれないけど、その仕草私にとってはとても怖いからやめてちょうだい。』
とはっきりと言いましょう。
原因が気になるとも書いてましたので、この時に
『私に何か原因があるならちゃんと言って下さい。』
と聞いてみてもいいでしょう。
厳しく言う必要はありません。自分の気持ちをきちんと伝える事が大事です。

彼を否定しているのではなく、あくまでも彼のその行動を注意しているという意識をしっかり持って下さい。
そうすれば、その後すぐに普通の会話もしやすくなるでしょうし、相手にも言葉の伝わり方が変わると思います。

その上で、問題が解決しないなら上司や同僚に相談しましょう。
第三者を入れて解決して下さい。

逆に、そういう行動を無視する方法もあります。
見て見ぬふりです。
また勝手に何かやってるな。ヒマなやつだ… くらいに流せるならそれも解決の一つです。
はなさんの心が乱されなくなったらそれが解決ですので、彼が何も変わらなくても問題は消えてなくなったと同じ事です。
仕事以外の彼の行動は空気くらいに思えるように自分の捉え方を訓練していく事も出来ます。

これらの事をやった上で問題が悪化したり、どうしても辞めたいと思うならそれも結構だと思います。
しかし、自分の意思も伝えず、何も行動せずに辞めるというのは「逃げ」になってしまいます。
それは彼からの逃げではなく、自分自身からの逃げです。
勇気を出して挑戦して下さい。必ずそこから何かが変わるはずです。
少なくても、はなさん自身の中に勇気を一つ生み出す事が出来ます。
それは今後の人生にとても大切な力となります。

どうですか、出来そうですか?

どうしても勇気が出ない時には、次は導信VOICEでもエールを送りますのでまた質問フォーム下さい。
何かしらの行動が出来た時もまた教えて下さい。
行動するのはあなた一人ですが、それを応援している守護霊も私たちもいるのですから決して一人ではありません。
がんばって下さい。

関連記事一覧