日本人は、世界恐慌の再来に備えよ!

すべてのブログ

このタイトル、極端な話だと思ったら大間違いです。
今の日本の政策を続けた場合、そう遠くない将来に1930年代に経験した大恐慌が再来する可能性が高いのです。
政府に都合の悪い批判をする、そして影響力のある多くの専門家が地上波から姿を消しましたが、その専門家たちが口を揃えて危機感を訴えています。

真実を見抜き
本当に本当の、日本の現実を学び、あなたにとって大切な方としっかり共有して下さい。
そして自分の未来を自分自身の判断で創造していかなければなりません。
何となく世間(国)の風潮に身を任せていると、いつの間にか誰かの養分とされてしまいます。

連日流されるコロナについても嘘と本当を見極めていかなければ、
すでに、コロナですら政府・一部のグルーバル企業の金もうけのプロパガンダに利用されています。
毎日繰り返されるテレビでは、感染者が何人、先週に比べ何人増えたの減ったのと、ずっとコロナの後ろを追いかけているだけ。

感染者が何人…
それは分かったけど、
だから何なの?
だったらどうするの?

その後の行動が何もない。(繰り返される自粛要請だけ)
政府は口ばっかりで本気の政策など見せた事がありません。
どうすればいいか、
それはハッキリとしています。
なぜそれをしないのか?
本当に菅政権はダメです。安倍元総理と菅総理は日本を弱体化させた歴代最悪の人物だったと歴史が証明するでしょう。
菅政権にはまだほんの少しだけ挽回するチャンスが残されていますが、本人にその気が無いのでどうにもなりません。

厳しく批判するのにはもちろんそれ相応の理由があります。

コロナ対応
ワクチン対応
政治悪の隠ぺい
経済対策の大失態
日本を弱体化させる強行策の数々
外資の土地取引規制
種苗法・種子法
遺伝子組み換え食品・ゲノム編集食品
消費税
デフレ対応
消極的財政出動
国債の発行

どれか一つでも大きな問題ですが、前安倍政権から菅政権には、日本を完全に弱体化させてしまう愚策が山積みです。

何度も言っていますが私は政治に興味はありません。
政治家・官僚は国民の為に動け!
国の財政は国民の貧しい人の為に使え!
ただこれだけを主張したいだけです。
感情論ではなく、正論で批判する為に自分なりに勉強していたら色々と日本の闇が見えすぎて、、
今は危機感しかありません。

上記に挙げた日本の問題。
そして私たちが自分自身で、家族単位で、現実にすべき事、出来る事。
随時、導信VOICEでお話していきます。


導信VOICEを視聴するには導信公式サイトへの登録が必要です。
詳しくはコチラをご覧下さい。

ご質問、ご不明点は導信サイト運営事務局までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

関連記事一覧