本格的に雪将軍到来ですね

Q&A

ブログで書いたグループソウルへの質問が来ていました。
グループソウルは霊的な親戚グループですね。
でも人間界の親族のように定義も心情もあいまいなものではありません。
言うなれば、霊的な繋がりは1ミリの狂いもなく秩序によって形成される完全組織のようなものです。
完全秩序が保たれているという事は、それだけ厳しい世界と言えます。
だから善悪がまだ付かない中途半端な霊にとっては霊界は地獄でこの闇の現世が天国に思える人もいるでしょう。

霊界はバランスの取れた世界です。
バランスとは双方に偏りがない世界という事です。
片思いは成立しません。両想いで初めて繋がりが生まれます。
グループソウルも同じです。
好き勝手に出入りできるものではありません。
波長が違えばいつでも見合うグループへと昇格、または降格していきます。

さて、最近身近な子供が事故で亡くなったという方からお便りをいただいています。

親御さんとは仲が良かったようですが、霊的真理の話はしたことがなかったようです。
死に対して正しい知識を持っていなければ、幼くして我が子を失えば、人によっては何十年と苦しむ事になるでしょう。
実際に今、死に直面してから霊的真理が云々と言っても、それは良くある宗教の勧誘と勘違いされかねません。
絶対に必要な情報ではあれど、そのタイミングは配慮が必要でしょう。

今後の為にこれを教訓にすれば、もっと早くに霊的真理を教えてあげて欲しかったですね。
すべてに意味があります。
あなたが霊的真理を学ぶチャンスに出逢えたのは、それを必要とする誰かが近くにいるからです。
人は自分の為に生きているうちはまだ魂の向上の道には乗っていません。
誰かの為に生きてこそ、霊的には初めて「生きている」という状態に入ります。

「霊的真理の普及」
これに勝る人にへの貢献はありません。
善霊界に対する積極的な貢献であり、善霊と共に歩む積極的な行動です。

チャンスが来たら、ぜひご家族の皆さんに死は悲劇ではないという事を教えてあげて下さい。

今朝は雪が降り積もり、山の木々には雪の花が咲いています。
私の大好きな季節が到来です。

関連記事一覧