コロナワクチンを接種する人、しない人。せざるを得ない人。

すべてのブログ

どちらの道にもメリットとデメリットがあります。
大切なのは、世間の風に流されず
自分の判断で決める事。

コロナワクチンについて、会員さんには導信VOICEでいろいろと語っていますが、ブログでも少し触れておきたいと思います。

ワクチンについて、皆さんはどこで、何から情報を得ていますか?
もしかして、テレビのニュースだけ?
それ、本当に大丈夫ですか?

先日テレビニュースで流れていた映像を見て、ものすごく違和感がありました。
若い世代へのワクチン接種を予約なしで受け入れ始めた会場の映像です。
早朝から長蛇の列をつくり大勢が殺到していました。
抽選の発表を待つ人が何時間も祈るような思いで待機していました。
そして当たった人、当たらない人、それぞれインタビューに応じていましたが、まさにその光景もコメントも受験の合格発表と見間違えるような光景に、私は本当に複雑な気持ちで若者たちを見ていました。

今日(8月30日)収録した導信VOICEでも新しい情報を発信していますが、厚生労働省、またはファイザー社が発表している情報にもコロナワクチンがどれだけ不確かな状態のまま世界中にばらまかれているのかハッキリと明記しています。それを紹介していますので是非ご視聴下さい。
(アップ情報はLINEで通知します)

ワクチンを接種する人、
接種せざるを得ない人

今後、間違いなくワクチン非摂取者の行動制限は厳しくなるでしょう。
すでに海外では始まっています。
ワクチンを接種しない人は、そういうデメリットも想像した上で選択しなければなりません。
自分にとって、メリットとデメリットがどういうものなのか、それは人それぞれ異なります。
自分で考えて決める事が大事です。世間や人の意見は、しょせん人の意見です。自分の人生を代わりに歩んでくれる人はいませんので、自分の意思で納得して決める事が大事です。

私の家族の話をすれば、
私は様々な情報をもとに考えた結果、最初からワクチンを打たない事を決めていました。
出来れば家族にも打たせたくないと思っていますが、もうみんな大人ですので最後は自分の判断で決める事です。その選択は尊重します。

私と妻は接種しません。
(生活を維持する上で接種せざるを得ない状況になれば考えなければなりませんが)

長女は保育士ですので選択肢はあるようでありませんでした。
すぐに接種しました。

一番下の子供は先日学校から連絡があり、部員の中で接種しないと言っているのはうちの娘だけだと。
接種するように打診の電話でした。先生に悪気はないでしょうが、この電話自体がおかしいという事が考えられないほど社会全体がプロパガンダで冷静に考えられなくなっているのです。
検討します、と電話は切りました。

4人の子供がいますので、他の2人については選択肢があれば接種しないでしょう。
でも一人が美容師で就職が関東に決まっているので、その会社の方針次第では接種しなければならないかもしれません。

接種せざるを得ない状況は仕方がないとしか今は言いようがありませんが、
今我が家では、誰も経験した事のない臨床すら行われていない(項目については導信VOICEで紹介しています)ワクチンのリスク、副作用を出来る限り軽減させる為、めちゃくちゃ解毒・排毒・デトックスを促す食生活・サプリメントの活用を徹底しています。
家族を守る為の出来る限りの自衛です。

ワクチンは治療薬ではありません。
健康な人への医療行為ですので、冷静に考えて強制(実質的な半強制という意味ですが)するようなワクチン接種は独裁国家でもない限りおかしい話なのですが、社会全体がもう麻痺しています。
国家を完全に取り込んだ製薬会社は恐ろしいほど、本当に、凄いです。

プロパガンダ… 凄い。っていうか、怖い。
集団心理って怖いです。なんか、戦争突入の時の国民の心理状態ってこういう事だったよなぁ。
このまま感染が拡大すると、今後、さらに集団心理は同じ方向に強くなっていくでしょうね。

関連記事一覧