紀州のドン・ファンの死は寿命か?宿命か?

すべてのブログ

「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助さん=当時(77)=が急性覚醒剤中毒で死亡した事件で、和歌山県警に殺人容疑などで逮捕された元妻の須藤早貴(さき)容疑者(25)について、和歌山地検が19日に、殺人罪などで起訴する方針を固めたことが捜査関係者への取材で分かった。須藤容疑者の犯行を示す直接証拠はないが、地検は状況証拠の積み重ねで立証可能と判断したとみられる。


 

紀州のドンファンとはどんな人物か?
ご存じない方はこちらを参照できます。
現代ビジネス記事より

金にものを言わせた人生を謳歌した野崎氏。
何も躊躇する事なく「命よりも金が大事」と豪語していました。
まあ、考え方によれば有言実行、彼にとっての理想の人生を謳歌した事になるかもしれません。

さて野崎氏の死について。
これは霊的真理の応用問題の題材にとてもいいと思いますので、
霊的真理を学び、知識のある皆さんに質問です!

この死は彼の宿命だったのか?
寿命をまっとうした結果、彼が選択した最後の死に方だったのか?
それとも別の意味がある死なのか?

霊界に戻った彼を待ち受けている現実とは?

これらの問題を考える時、
人の宿命と運命。
輪廻転生の原理原則。
魂向上の仕組み、法則。
などを加味しながら全体的に考えなければなりませんね。

さて、彼の死がどんな意味を持っているのか皆さん考えてみましょう。
会員以外の皆さんも是非一緒に考えてみて下さい。
死を理解する事は生きる意味を知る一番の早道です。

これは皆さんの意見を聞きながら導信VOICEでディスカッションしたいですね。
公開Live収録にしてチャットで参加してもらうのも面白いかもしれませんね。
事務局と相談してみます。

関連記事一覧