この日本では、コロナ感染による死よりも、自粛による死が問題です。

すべてのブログ

のらりくらり、
政府のコロナ対策を見てると、今年一年あなたたちは「何を待ってるのか?」としか思えません。
もちろんワクチンしかありませんが。
まるまる一年の準備期間があったのですが、病床数も検査数も検査対象の拡充も、何も改善していません。
というか、何もしていません。
この日本政府の他力本願政策には危機感しか覚えません。

2020年度、政府が使えるコロナ対策費30兆円いったい何に?!使いました?
10万円を一回こっきり配っただけ。
日本人として、世界に比べて恥ずかしい…
複雑で縛りの多い休業助成金パフォーマンスと言われても仕方がないほど穴だらけ。
結局、国民に努力義務を押し付けるだけで、今本当にしんどい思いをして踏ん張っている人たちを助けようとしません。

おい政府!
これまでの事はすべて忘れてあげるから、一回でもいいから本気を見せてくれ!
・・・菅政権のうちは無理か…悲しいが希望の光が見えん。

日本は世界でも自殺者が多い国です。
経済大国と言われながらもワースト10に入ります。
G7のメンバー国の中ではワースト1位です。

そして今。
コロナ感染ではなく、コロナにより自粛要請が原因で自殺する人が増加し問題になっています。
統計を取り始めてから、実は、過去最高の自殺率になってしまいました。

本気で、おい!菅政権。
100兆円も景気回復予算で取ってある金があるだろ!
人の心があるなら本気で今目の前にある、助けろ。

心が整っていない自殺者は、霊界で目を覚ましてからが本当の地獄が始まります。
生きて寿命をまっとうした方がはるかに楽だという事を教えたいが。
どんな理由があるにせよ、自殺という行為の代償は大きい。

だからこそ、
自殺に追い込まれる前に、誰かが手を差し伸べてあげなければなりません。
自殺についてはまた取り上げます。

関連記事一覧