Q&A❷「夫の仕事」

Q&A

夫が仕事のことで悩んでいます。
昔から労働時間や人間関係で仕事での問題が多く、夫は仕事で学ぶことが沢山ある人なのかなと感じていました。 最近まで落ち着いていたのですが、また同じような問題が起こり、自分なりにアドバイスをしたり、導信さんの過去のブログや書籍を見返して伝えてみたり、夫婦で話し合って解決方法を考えてみたりしたのですが、なかなか解決しないようです。 いずれは独立を考えているのでそのための後押しなのか、夫の中で変わらなければいけない部分があるのかアドバイスいただければありがたいです。
ps.夫は会員ではありませんがもしお返事をいただいた場合、ブログやボイスを聞いてもらっていいのでしょうか?それとも私の言葉に変えて伝えるべきでしょうか?

ペンネーム・だるまさんのご相談です。
まずPSに書かれていた事ですが、お身内の方は自由に会員コンテンツを利用していただいて結構です。
ただし、霊的な世界にある程度理解がないといきなりブログやVOICEを聞かせても変な誤解を招くかもしれませんので、その場合はだるまさんの言葉でお伝えした方がいいと思います。
理解がある場合は直接見ていただき参考にしていただければ幸いです。

さてご相談ですが、
同じような問題が繰り返し訪れる場合、そこにはまだクリアされていない課題があるという証拠です。
その場合は、職場を変えても、職種を変えても、あるいは独立されても同じ問題が訪れます。
具体的に何が原因なのかを見つけ出さないといけません。ご主人の悩みは、「問題が原因なのか」、「問題と受け止めてしまう事が原因なのか」、そういう視点で問題と向き合う事も必要かもしれません。

独立についてですが、職場に問題が起きたから辞めて独立をするという流れは良くありません。
これを機に独立をするにしても、今ある問題はちゃんとその場所で解決してから辞めて下さい。問題を次の新しい場所にまで持ち越さない為の方法です。
「飛ぶ鳥跡を濁さず」ということわざがあります。
「立ち去る者は自分のいた場所を汚れたままにせず、きれいにしてから行くものだといういましめ。また、引き際はきれいであるべきということ。」という教えです。
これは霊的真理にも当てはまる人生を好転させ続ける教訓です。

優れた技術を持っている職人さんが独立を目指そうと思う事は自然の流れだと思います。人生は新しい経験をする為の場所ですのでどんな挑戦であっても魂の成長に必ず貢献します。
たとえそれが物理的には失敗で終わったとしても、霊的には成功しかありません。
ただし、私たちは物質的生活の中で生きて行かなければならないのが現実です。そこはご家族でしっかり話し合わなければなりません。

独立について、
これまで独立を目指す人に必ず私がお話してきた事です。

板前であっても美容師であっても、職人をやっているうちは精一杯技術を提供していけば使命を果たせます。
しかし、独立するという事はどんなに小さな規模であっても経営者になるという事です。つまり、優れた技術を磨き続け提供するのは当たり前の事として、プラス経営を学び実践しなければなりません。
経営は頭脳です。考える事が経営者の使命です。職種や扱う商品の違いは関係ありません。商売とは需要と供給ですから、ご主人の持つ供給を世間の需要が求めれば成功しますし、どんなに優れた供給であっても世間の需要が求めなければ成功出来ません。
だから経営者は需要をつくらなければならず、まさに需要を作り出す事が経営者の務めとなります。
需要がなければ供給する事自体が出来ませんので、技術は経営の後でしか発揮出来ないという事になります。だから独立された後の仕事というのは、1に経営、2に技術という優先順位になります。というかそうならないと成功出来ません。
「俺は難しい事を考えるのは嫌だ、腕一本で勝負するんだ」というタイプの人は独立せずに職人でいた方が幸せな場合もあります。
なぜ独立したいのか、その動機が一番大事です。それは独立しないと出来ないという事なら思い切って挑戦した方がいいでしょう。

文章にすると難しく感じると思いますが、言い換えれば、商売の成功とは恋愛のようなものです。
恋愛を成功させる為に、自分を磨き、自分の良い所を精一杯アピールし、相手の事を一所懸命に知ろうとし、相手が求める事を精一杯やろうとします。
つまり、自分を求めてもらえるように精一杯供給力を高め、アピールし、需要をつくり、提供する。やる事は同じです。

最後にもう一つ言えば、
成功する人というのは、それだけ人を喜ばせている人だという事です。
優れた経営者が寝ても覚めても考える事は、もっと人を喜ばせたい、どうすればもっと人を喜ばせられるか、その事だけです。
経営者は毎日考え、そして失敗を恐れずに次々に実行する、それが仕事です。だから成功よりも失敗の方が断然多いのです。

経営者にとって「自分にとって成功って何なのか」ここが明確になっている事が物凄く大事です。
霊的視点で言えば、その動機に人が引き寄せられるのです。
成功も失敗もこの動機次第です。
どんなに技術が優れていても成功出来ないという人は、この動機が明確でないか、多くの人が共感する動機ではないという事です。

私は経営者ですので経験上分かる事は何でもお話しさせていただきます。
またご質問があればお便り下さい。

関連記事一覧