Q&A、今日は二つ取り上げます。

Q&A

今日は二つのQ&Aを取り上げます。



昨日日中に窓にアゲハチョウを見かけてこの冬に珍しいなと思いながら外に出れ無い状態でしたので窓から逃がしてあげようとしてました。
そして昨日の夜地震があり何か蝶が虫の知らせをしてくれたのかなと勝手に思いました。霊的真理と何か関係があるのでしょうか?


 

なるほど。
質問者は東北の方だと思うので、実際にはこの時期にアゲハ蝶はいませんね。
いくら早くても4月以降でしょうから、これは霊的現象でしょうね。
とすれば、
霊は下等生物をよく使います。
あなたを想う霊のバイブレーションに感化されて蝶々が近寄って来ます。でもこの時期にアゲハ蝶はいませんので、この場合は物質化現象かもしれませんね。
霊が空中のエクトプラズムを集め(使い)、何かに物質化させる事があります。
この場合の蝶々は実は幽体で、物資体ではありません。見た人には本物の蝶々に見えたかもしれませんが実際は幽体です。
心霊写真とか、幽霊を見る場合もこれと同じです。

それで何の為に?
ですが、地震の注意ではないでしょう。このタイミングであったのは、メッセージ性を高める為です。
あなたに何かを感じてもらいたいからです。
警告のような深い意味はなく、純粋に「あなたをいつも見守っていますよ」というメッセージを感じます。
男性ではなく女性ですね。あなたも知っている身内の霊です。
「私はいつも見守られているんだ。」という気持ちを忘れずに、人生をエンジョイして下さい。

 



いつも為になるお話をありがとうございます。
バレンタインデーの配信のバックナンバーを視聴させていただきました。 競馬について導信さんがお話ししていたのを聞いて、私も導信さんと同じ意見を持っています。
私の旦那は競馬によく行くわけではないですが競馬が好きです。 テレビで競馬を見て、どの馬が勝つと思う?などと話されるのですが、競馬にいいイメージがない私はいい気持ちにはなれません。 このような時、競馬の裏事情を話してもなんだか違う気がしますし、競馬は嫌いと否定する態度を取っても旦那に失礼なのかなと感じています。
いつかは旦那も競馬やその他人間の娯楽のために犠牲になっている動物事情に対して同じ意見を持って欲しいとは思っていますが、それは自ら気がつくしかないのでしょうか?それとも私から動物は人間の娯楽に使われているというような話を持ちかけて動物に対する気持ちを変えていくべきなのでしょうか? 教えていただけると幸いです。


 

このブログだけを見た人には、このテーマの真意が伝わらないかもしれません。
とくに競馬関係者や競馬ファンには反論があるでしょう。
反論を覚えたその気持ちを持っている人に罪(カルマ)はありません。今は。
知らない人に罪はありません。知った人(気付いた人)にはじめて責任が生じるのですから。
霊的真理は人間にとってとても不都合な問題を提起する事が多々あります。私にとっても不都合な真理を突き付けられる事もあります。知らなかったら楽だったのに…というように。
それでも人間の勝手な都合で取捨選択する訳にはいかないのが辛い所です。
森羅万象の根幹を成す霊的真理を無視するという事は、私たち人間の存在すらも否定する事になってしまいます。

これももう少し理解を深めた方がいいかな?
またいつか導信VOICEで掘り下げますかな。

さて、ここから。

質問をありがとうございます。
とても良い質問です。そうですね、現実的にはそういう疑問が生まれますよね。
今回のテーマの競馬に限らず、霊的に何が正しいのかを知るほどに身近にある疑問やそれに対する自分の身の振り方に迷う事も増えます。

先にこの事をお話しさせて下さい。

霊の世界は完全な秩序と法則の世界です。
人間社会のように無秩序であいまいな世界とは正反対です。
そこを理解し始めた人は、霊の世界は厳格な厳しい世界に感じる事でしょう。
でもそうじゃないんです。
誰も法則の中から逃れられる人はいませんが、この秩序と法則の根幹は愛です。
偉大な愛の元に法則が秩序を保っているのです。
すべてが愛に満ちています。

何が言いたいかと言いますと、
法則が人間の都合で変わる事はありませんが、人間の魂の成長度、進化のレベルに合わせて法則は待ってくれます。
法則は決して急ぎません。その人に合わせて経験を与えてくれます。ゆっくりとゆっくりと、でも確実に、魂を向上させます。
それが私たちを導く霊たちの働き方です。

この事を念頭に置いてもらい、話を戻します。

夫婦は、双方の異なった霊性が交わることで化学反応を起こします。言葉の例えですが。
一人では味わう事が出来ない魂を刺激する経験をお互いに与え合い魂の向上を促進し合っているのが夫婦の関係です。
お互いに無いものを持った同士が二人三脚で生きていくのです。
ですので、旦那さんの精神性を向上させる事は奥様の役目でもあります。

一歩先を歩む人はその後を歩む人に手を差し伸べる。
これは真理です。

夫婦でも親子でも、肩書や人間が決めた上下関係は関係ありません。
魂の経験や霊格の高い低いは、人間の年功序列や立場の優劣とは一切関係しません。
なので、今回の事に関しては、
奥様が旦那さんの気づきを促していく必要があります。
しかし、それがケンカの元になってはいけません。出来るだけ平和にです。
少しずつ、少しずつ、いつか「人間の為に動物が存在しているのではない」という事に気づき始めるように導いてあげて下さい。
小出しです。
アリが開ける穴がいつか建物を壊すように。
アリとなり、頑張って下さい。でもそれは、とても大きな功績になります。
家族の真理の気づきは、必ずあなたの未来の幸せにも直結しているはずですので。

関連記事一覧