病気の理由・病気の原因

Q&A

ペンネーム・さくらさんからお便りから。
イベルメクチン、サプリメントなどのご質問がありましたが、どこかの講話会で「食の安全」について改めて特集したいと思っているのでその時に合わせてお話ししたいと思います。

人工肉についても、ご心配の通り残念ながらそれは事実です。
そこも一緒にお話しします。

また、海外では銀行から預金の引き出しが突如出来なくなるというニュースがありますが、これについても将来日本でも十分あり得る話です。
その前にはいくつかの段階があるので今の段階で急になる事はないでしょうが、貨幣価値を無くする事もまた一つ彼らの計画ですので注意が必要です。
現に、日本円が70円台だった時代を見れば、150円にまでなった今、すでに日本円の価値は半分以上落ちているという事実がまさに今です。
通貨の価値が半分以下になるって、本当はものすごい大問題なのです。
「為替」が操作されている事は事実というか、金融の世界では常識ですので、強くなりすぎる通貨はいつでも彼らによって調整されています。

昨日は仕事のイベントがあり多くの方が参加してくれました。
そこには導信会員の方も来てくれましたが、時間の都合上、少ししかお話し出来ませんでした。
がんの治療中だという方が何人かいましたが、その中で友人と二人で来た女性の質問に少しここで捕捉します。
おそらくブログも見てくれていると思いますので、昨日お話しした事と合わせて参考にして下さい。

病気の理由は3つ

この事はご理解していましたね。
①人生の軌道修正②カルマの清算③寿命を終わらせる準備

病気の原因も3つ

①肉体②精神(心)③肉体と精神の不調和

①肉体は、体に入るもの、触れるもの、生活リズム、物質的な要因です。
②精神は、考え方、感情、意識、日々の心の状態です。
③は、①②が調和していたのかです。

過去のブログでもいろいろな角度から病気についてお話ししているのでサイト内の検索窓で「病気」と入れご覧下さい。

そして、昨日私がお話しした事は、これらのどれが今の自分の病気に当てはまるのかを「内観」して下さい。という事でした。
内観とは自分で自分に自問自答し答えを見つけていく作業です。
その答えが正解かどうか、今日の「今週のメッセージ」も何となくこれに絡む話だと思いますが、正しいかどうかにこだわるのではなく、じっくりと内観する事が大事なのです。
その作業をする為に病気はあります。
命にかかわる病気であれば、否応なしにそうなるはずですが、それを意識的にしっかりと行う事が大事です。

そして、どこに不具合があったのかを自分で見つける事が大事です。
昨日、私が答えを示さなかったのはその為です。
自分で見つけなければ意味がないのです。

なぜ病気になったのか、後悔のふり返りではありません。
この後の再スタートの為の「同じことを繰り返さない為の」ふり返りです。
内観⇒反省⇒教訓⇒そして新たな希望です。

病気の症状を治療するのは医師の仕事ですが、病気自体を終わらせる(卒業させる)かどうかはあなた自身の仕事です。

まだまだやる事は残されています。
これから新しい人生をスタートさせる為にも自分なりの答えを見つけて下さい。

来年にはなりますが、拠点が出来しだい皆さんと直接会える機会をつくりますのでまたゆっくりお会いしましょう。
それまでにご自身の課題を見つけ、新しい人生の目標をお聞かせ下さい。楽しみにしています。

関連記事一覧