ウクライナ問題もプロパガンダ凄いですからね。二つの目を持ちましょう。

すべてのブログ

導信サイトを長くご覧の皆さんは、すでに「二つの目」で世界を覗く事が出来るようになっていると思います。
が、
人類の闇はそんな単純ではありませんからね。
深海のほど深く、宇宙の程広い世界です。まさにディープな世界です。
「見えて来たぞ!」と思う、さらにその先に行かないと真実には行きつきません。
見破られないように、途中でいくつものトラップがしかけられています。

何度も言っておりますが、
コロナでもうお分かりのように、テレビのニュースはプロパガンダ媒体です。
コロナが始まる前までは、さすがの私も「一部」メディアはプロパガンダだろうと思っていましたが、これが完全にひっくり返りました。
例外なく完全にプロパガンダ媒体でしたね。
でも、ここまで来れば逆に分かりやすくなりました。

二つの目を持って冷静に見ると、見解はこうなります。

1、ウクライナとロシアの戦争は、ロシアによる侵略戦争ではありません。
2、これは二国間の戦争ではありません。
3、ロシアが国際社会から完全に孤立している訳ではありません。
4、この問題は次の策略の前哨戦です。
5、最後の決着のシナリオは最初から想定済みです。

これら、それぞれに根拠があります。
それについては、これまたディープなお話になるのでVOICEでとりあげます。

このブログで分かってもらいたい事は、
テレビの情報だけですべてを判断しては危険だという事。
人類はすでに大きな大きな力(利権)によって動いているという事。つまり世界を巻き込むような出来事には何らかの力が加わっているという事です。

だから結局は、
自分の人生を誰にも依存してはいけないという事に気が付く事です。
常に二つの目を持って物事を判断し、最後は自分の力で選択する事が大事です。
何となく動いていると、それは必ず何らかの意図に動かされる事になるからです。

関連記事一覧