世界がウイルスの脅威と共に戦わなければならない今も、毎日のように人間同士が殺し合っています。

すべてのブログ

犠牲になるのは、いつも一般市民です。

人の殺し合いに大義など存在しません。
この瞬間も、大霊(神霊)はしっかりと見ています。人間の行為を。

子ども5人、女性2人が死亡

ガザの保健当局によると、14日の空爆で死亡した家族8人のうち、5人は子どもで、2人は大人の女性だった。全員、非戦闘員だという。
近所の住民はAFP通信に、「彼らは子どもで、民間人で、戦闘員ではなかった。政治とも無関係だった」と述べた。
さらに、「みんな罪のない人たちで、ぐっすり寝ていた。ブリキの家に4発のロケット弾が落とされショックを受けた。こんなの異常だ」と話した。
一方、イスラエル軍は、家族の長である男性は、PIJのロケット弾発射部隊の司令官だとしている。
同軍の報道官はAFP通信に、「非戦闘員の殺傷を最低限に抑える努力は当然、常にしている」と述べた。

「死者の多くは戦闘員」

家族8人の死亡により、12日に交戦が始まって以降のパレスチナ人の死者は34人に増えた。けが人も111人に上っている。
パレスチナ人の死者のうち25人は戦闘員だと、イスラエル軍は主張している。
一方、イスラエルでは63人が病院で治療を受けているという。

関連記事一覧