神様はどこにいるの?

スピリチュアル

自分にとって、もっとも身近な頼れる存在は「自分」だということをすっかり忘れている人がいます。
親兄弟、親友も頼りになる存在かもしれません。
守護霊だっていつでもあなたをサポートします。
しかし頼るべき優先順位を間違えてはいけません。
まずはじめに、もっとも頼るべき存在は「自分」だということ。
自分の力を精一杯発揮したのちに、努力したのちに他に力を求めるならばそこには相乗効果が生まれるはずでしょう。
私たちの中に眠る神聖な力を信じ、私たちの後ろに控える善霊たちを信じ、その最前線に生きる(挑戦する)自分を信じ、私たちはもっと自分に自信をもって信頼をもって人生に挑戦していくべきなのです。
そういう心構えで生きていると、いずれ自分は何でも出来る存在なのだと分かってきます。
神様は遥か遠くの黄泉の国にいるのではなく、鏡の前にいるあなたを通してその力を発揮するからです。

関連記事一覧