自分自身

鉱物について〜続き〜

さて、鉱物に代表されるダイヤモンドや水晶には、パワーストーンと言われるそのパワーはあるのでしょうか?

その答えはパワーを何とするかによって大きく異なります。
お金が貯まるパワーがあるのか?と言われれば直接的な力は「ありません」。
しかし、間接的に言えば「あります」とも言えます。

つまりこういう事です。
浪費癖があってお金に困っている女性が居ます。
やめたいと思いつつも、ついつい衝動買いを繰り返しています。

見かねた友人が彼女の将来を案じ、この事を真剣に話し合いました。
反省した彼女は浪費癖を卒業する事を誓います。
しかし友人は彼女の流されやすい性格を知っていたため、今日の決意をいつでも思い出せる様に水晶のブレスレットをプレゼントしました。

それから数ヶ月後、とあるお店で彼女はまたもや衝動に駆られています。
この時に友人とのやり取りはすっかり忘れています。
購入しようとしたその時、急に手がピリピリとかゆくなります。
その場所に目をやると友人からもらった水晶のブレスレットが目に入り、あの時の決意がよみがえり冷静な自分を取り戻す事が出来ました。

彼女を変えたのは友人の想いであり、彼女自身の決意ですが、水晶が間接的に働いた結果でもあります。
この三つが無ければ彼女の衝動は抑えられませんでした。

結果として浪費癖を卒業し、毎月少しずつ貯金も出来るようになりました。

次のブログでは、鉱石のエネルギー、役割について説明します。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

PAGE TOP
ログイン 会員登録について
会員登録について