新年早々、人類にとって素晴らしい希望のニュースです。と、同時に…

すべてのブログ

放射能を1時間で安全化する方法を発見!!

放射性物質の多くは、自然界で崩壊するのに数十年、数百年、またはそれ以上の長きを要する。
しかしながら一般物理研究所の研究グループが、わずか1時間で中性化、安全化させる方法を発見した。
この新しい方法を用いて、福島の水を浄化させることも可能だと、研究者は考えている。

このニュースにはもう一つの深い意味があります。

原発技術を正しく使えば世界中の隅々、津々浦々まで文明の恩恵を行き渡らせる事が出来ます。
今の問題は、汚染された処理水をどう安全に処理するかという事です。
その問題が解決されれば、原発によって生み出される膨大なエネルギーはこの地球から貧困者を廃絶する事が出来ます。
問題はそれを扱う人間の心次第ではありますが、原発や核について、私の考えはまた改めてお話ししたいと思います。

新年早々、なぜこの発表が出されたと思いますか?

日本にとって、未来を左右する問いかけがあるのです。
実は、この技術を発見したのはロシアの研究チームです。
そして研究者は福島の汚染水処理についても言及しているのです。

昨年ずっとロシアを敵対し侮辱し続けた岸田政権。
日本政府はすでに操り人形と化し、この世界の混乱を動かしている大元の言いなりにしかなれない事をロシアはよくよく知っています。
福島を例にとり、平和利用できる技術の発見を民間レベルで発信して来たのはとても意味深です。

日本が自国の利益をしっかりと考え、未来を見据えて今どういう国策をとって行かなければならないのか、諭されているような気がします。
考えを改める最後のチャンスを与えられたと思えてなりません。

核戦争に持ち込みたい人間、新たな戦争を始めたい人間がウクライナを動かしています。
自分の保身にすべてをかける岸田総理そしてその取り巻きは、彼らの顔色を伺いながら尻尾を振り続ける事しか出来ません。

こんな時に、このタイミングで発せられたこのニュースを岸田政権、そして日本人はただの化学の話だと聞き流してはいけません。
後に、大やけどを負わない為に。

関連記事一覧