御札の処分。お焚き上げ。お礼。お賽銭。

スピリチュアル

神棚の管理。
神社のお賽銭。

神棚は作法に基づいて管理すれば、その効果も得られるものです。
ただし、置きっぱなしでは逆に乱れた波長を生む元凶になる事もあります。

置くならちゃんと管理。
管理出来ないなら置かない。

これが大事です。

これだけはちゃんとやりましょう。
古いお札は近くの神社に持って行き、お焚き上げの処分をしてもらいます。
今の時期は回収ボックスを設けている神社も多いので、そこに収め、処分のお礼(れい)としてお賽銭を入れ、昨年のお礼(れい)をして手を合わせてきましょう。

よく聞かれるのはお賽銭の値段。
気持ちですのでいくらでも構いません。お金は物質です。神霊は物質に何の興味もありません。関心はその人の心だけです。
あなたのお礼の気持ちが表れていればいくらでも構いません。
お金はその神社を維持する為に使われます。
神社があるからお願い出来るわけですので、お賽銭というのは神様へのお願い料ではなく、みんなの為に神社を管理してくれている人間へのお礼です。
間違っても、お賽銭の金額によって願いが叶うなどという「金がすべて主義」のような間違った考えは捨てて下さい。

新しいお札を入れる時は、
神棚をきれいに拭き掃除しましょう。
ホコリのたまった神棚に霊格の高い神霊が宿る事はありません。

関連記事一覧