社会的立場が命の価値を決めない!デンマーク政府の素晴らしい決断。

すべてのブログ

デンマークでは、新型コロナウイルスワクチンの優先接種の対象にホームレスの人々も含めると発表しました。
慈善団体や議員らからの呼び掛けに政府が応じたそうです。
デンマークは現時点で、欧州連合(EU)加盟諸国の中で人口当たりの接種率が最も高い国の一つとなっています。

今回のコロナワクチンに限らず、私はワクチンには消極派です。
自然の原理、または霊的真理に沿っていないので賛成ではありませんが、一方的に批判だけしているわけではありません。
人によって、状況によって、賛否の意見を自分で考えた上で臨機応変に選択していけばいいと思います。

この前提を踏まえて話しますが。
デンマークが選択したワクチン接種の方針はとても素晴らしい事だと思います。
霊的価値観で言えば、金持ちも貧しい者も、権力者も一般庶民も、優しい人も意地悪な人も、その命の価値は平等です。
霊的真理の上級者に向けて言えば、犯罪者ですら命の価値はすべての人と平等です。
これは以前、講話会でも取り上げましたね。聖書ルカによる福音書15.10-30でもこの真理を説いています。

ホームレスの人々の命も一般市民の命も平等だと、高らかに宣言したデンマーク政府は地球人類が進むべき「道」を示しています。
本当に、素晴らしい。
人間同士の都合、損得勘定によって命に値段をつけているすべての国が見習わなければなりません。

この事でデンマークの多くの人々は自国を誇りに思っている事でしょう。
日本政府の「何も決断出来ない」日々の対応を目にしていると、日本人として複雑な気持ちになります。
日本人として日本を誇れる、そんな対応を日本政府にもとってもらいたいところです。

関連記事一覧