映画「鹿の王 ユナと約束の旅」見て来ました!

すべてのブログ

鹿の王・ユナと約束の旅

この映画が受賞したのは2015年。
だけど、この時代をノンフィクションで描いたような映画でした。
コロナウイルスを巡る様々な闇を暴いているんじゃないか?!って思うほど、すごい。
映画が終わったあと、ストーリーに秘められているメッセージを分析して語り合ったらすごい面白いと思います。
もう一回、見に行こうかなぁ。

STORY
かつてツオル帝国は圧倒的な力でアカファ王国に侵攻したが、
突如発生した謎の病・黒狼熱(ミッツァル)によって帝国軍は撤退を余儀なくされた。
以降、二国は緩やかな併合関係を保っていたが、アカファ王国はウィルスを身体に宿す山犬を使って
ミッツァルを再び大量発生させることで反乱を企てていた。
ミッツァルが国中で猛威を振るう中、山犬の襲撃を生き延びたヴァンは身寄りのない少女ユナと旅に出るが、
その身に病への抗体を持つ者として、治療薬開発を阻止したいアカファ王国が放った暗殺者サエから命を狙われることになる。
一方、治療薬を作るためヴァンの血を求める医師のホッサルも懸命にヴァンを探していた―― 。
様々な思惑と陰謀が交錯した時、運命が動き始める。

関連記事一覧